B-MAX

April 18, 2021

Copperfang B-MAX ver.6

co20210419 (1)DSC_0247-01

初の5レーンB-MAXになる第3戦に向けて練習。

新しく付けてみたボールリンクマスダンがとにかく外れまくり。
実は使ったことなかったんでこんな注意点があるとは知らなんだ。

ところが外れてても案外そんなに跳ねずることもなく走ってたりする。
パーツ紛失を気にしてくださったAPさんに後ろノーマスでもいいかもよ
とアドバイスいただき結局アジャスト2つで十分だったんだと怪我の功名。

で、この日の課題はバウンシングからの左コーナーで不規則にCOすること。
息子に撮ってもらったスロー動画チェックすると一見単純なアウトリフト。

じゃあってことで右のフロントローラーの高さや食いつきを変えてみても
ローラー位置やサイズ変えてラインどり調整してみても根本的には解決せず。
COする時のパターンは同じなんだけどクリアできる時はいたってスムースで
フェンスのギャップを拾ってブレてると考えるには不可解な挙動の不安定さ。

そのまま帰る時間になったのでチェックアウト際にHBさんに聞いてみたら
ブレーキってどう効かせてます?からのこのセクションでのCO原因情報。

その後スロー動画をよくよく見てみると、彼がいう通り最後に頭が下がって
反動で跳ねながら左コーナーに突入してローラーじゃ抑えきれなくなってた!
着地からコーナーまでの間があることで、ストレートで浮き上がってしまい
手がかりなくそのままの状態でコーナーに突入し、ローラーが効かずにCO。

考えてみればこの頭下がりは今までに何度も見られた傾向だったんだけど
「頭から入ってる=ねじ込めてる」みたいな感じで基本的には肯定してて
その後跳ねるとしたらマスダン、コーナーでCOするならローラーで対処と
上下方向の姿勢を積極的に制御してみようとはしてなかったかもしれない。

さらに帰宅後フロントステーが緩んでスラストが抜け気味になることも発見。
ここは自分的に緩む想定じゃなかった箇所なんで完全にチェックを怠ってた。

HD3で完走率90%の出来まできたところでこのままレース当日になりそうだけど
諸氏のアドバイスで調整ポイントは明確にできた気がするので毎度ながら感謝。

ipppei at 21:00|PermalinkComments(0)

April 05, 2021

Copperfang B-MAX ver.5b

DSC_0195DSC_0193

メモしておいたことを一旦形にしといた。

フロントにもマスダンパーを追加、サイドをスクエアショートにして
リアはボールリンクを装着し、ショートストローク化を狙ってみた。

フロントローラーはアルミ13mmをメインに上はSFMのプラ12mm
下にはPOMローラーを12mmに削ったものを付けて多ローラー化。
これはWA13-12mmをなんとなく使ってたのを一旦止めてみるため。

フロントアンダーガードはブレーキの貼りやすさから標準に戻し
フロントステーはシャーシとフルカウルワイドの間にを挟んで
撓んでも逆スラストにまではならないように剛性を調整してみた。

これでフロントは19/13/9mm、リアはすべてのローラーが装着可能
フロントが19mmの場合でも8mmのアンダーローラーは付けられる。

さてこれをベースにどこまでコースに合わせたセッティングが出せるか。

ipppei at 20:00|PermalinkComments(0)

March 29, 2021

memo

次がいつになるか分からないのでメモ。
以下マシンの構成から実走までの順番で。

1, マスダンのストロークに着目
 マスダンが上がった時には当然不安定になるわけで
 いかに上下動を小さくするかにも着目すべきだなぁと。
 重めのマスダンをいかに動かさずに効かせるかとか。

2, ローラーとスタビの関係を見直す
 ローラで支える/スタビで抑えるを基本としても
 マシンの傾きを理解した上で対応すべきだなぁと。
 前ローラーのスラストを活かすセッティングとか。

3, ブレーキ設定の引き出しを増やす
 単純に他の部分に比べて時間を費やしてない。
 速度調整の基本としてもっと追求すべきだなぁと。
 ブレーキで姿勢制御をすることを意識した構成とか。

次に走らせた時に見るべきはコースでのライン取り。
僕の経験上、基本FM-Aはきれいにまっすぐ飛ぶ。
そうならないのはジャンプの前に何かがあるから。

ローラー径とローラーベースの特性を気にする前に
理想のラインを描くためにどうローラーを当てたいか
走ってる時のリズム感がどうなるかを考えるべき。

ipppei at 08:30|PermalinkComments(0)

March 28, 2021

B-MAX Gp

DSC_0117-01

Force Laboの第1回B-MAXグランプリに参戦。

1時間の練習走行は昨日のままHD3で調整。

3レーン特有のLCは完全にクリアできるが
いくつかのセクションで不安定さが消えず
実戦の最中で調整を余儀なくされる状態。

第1ヒートはLDの載せ替えて一回戦通過。
でもこれじゃつまらないのでHD3に戻し
2回戦は下り後のコーナーでCOし敗退。

第2ヒートも再度LDに戻して無難に初戦
...のはずがサイドマスダンを控えたせいか
ストレート後のなんでもないコーナーでCO。

最終第3ヒートは当然HD3で走らせるべく
各部点検&ブレーキ再調整をしてのぞむも
登り後のゆるいコーナーでローリングCO。

結果マスダンマシマシMAをなんとかまとめて
第1ヒート決勝まで進んだ息子の方が好成績。

そんなことはどうでもいいくらい楽しかった。

ありがとうございました&また絶対参加します!

ipppei at 14:30|PermalinkComments(0)

March 27, 2021

Copperfang B-MAX ver.4

DSC_0103DSC_0111

ついでがあったのでTSUTAYA鶴川駅前店で試走。

写真のタミヤマーク下辺りのストレート3枚から
下ってストレート1枚で左カーブがCOポイント。

2時間ほどあれこれ試しても完走率100%にならないので
安定感向上だけを意識し満充電によるアタックを繰り返す。

不吉なコンビネーションを避けてセッティングを始めたが
最後は逆付け軽量13-12WAの下にSFM付属の12mmプラ
リアを19mm軽量19mmオールアルミにすることで克服。
特にリア19mmはコーナー遅いけど安定するのでこれでいく。

ちなみに今まで何度かリアローラーを上下をなるべく広く配置して
「たからばこセッティング」の三角形を大きくしたことがあるけど
これって上下どちらか片方のローラーがフェンスに当たった時には
より極端にインリフト/アウトリフトすることになってた気もする。

今日試した限りでは下ローラーは逆にギリギリまで上に付けといて
上ローラーはステーを挟んで等距離よりやや高めくらいがいい感じ。

後で走らせてギリギリかなって感じた下ローラーの高さを測ってみたら
FM-A標準リアステーの上に19mmローラーが収まるくらいになってたんで
暴れないローラー高の目安はキット標準のパーツに隠れてるのかもと思ったり。

で、ローリングにもつながるコーナー後の直線で姿勢が乱れるのを抑えたく
電池を充電しながら観察を続けると、再度前後ステーのたわみが問題に見えた。

というのはコーナーで受けた衝撃の影響が遅れて揺り返し的に現れるかのように
ストレートに入ってからの何もないところで急に姿勢が捻れてる気がしたから。

そこでフロントのフルカウルワイドを2枚重ねるのと
リアのARリヤワイドブレーキステーをビスで固定し
軽快感は無視してかなりガッチリ剛性を上げてみた。

この部分だけでも効果があるのか試したくってコジマ×ビックカメラ成城へ。
HD3+満充電でも件のブレがほとんど出てこない...これだったのかって感じ。

一方でコーナースピード、特に抜けがさらに遅くなったようにも見えてきた。
やっぱりステーが撓んでスラスト抜けてたのかもなぁ...良し悪しはともかく。

MAサブマシンは(僕には)やや速すぎて、セッティングが難しいままなので
安定の走りで完走狙いのFM-Aをメインマシンver.4としてこれにて一旦fixとする。

ipppei at 19:00|PermalinkComments(0)

March 25, 2021

Copperfang B-MAX ver.3

DSC_0087DSC_0087 (1)

DSC_0084DSC_0088

近所のコジマ×ビックカメラのコースが再開したので試走。

ストレートが少なく最高速度は出にくいレイアウトで
LCの後ストレートなしですぐに右コーナーが意外と厄介。

それとバンク下り->テーブルトップ登りもストレートなし。
谷に合わせたブレーキ設定だと登ってからのストレート2枚で
意外とスピードが乗ってからの左コーナーが危なくなる傾向あり。

メインのFM-AとサブのMA、同じHDで走らせると完全にMAの勝ち。
特に連続コーナーで差を広げる様子はシャーシの特徴通りって感じ。

もちろんレイアウト次第とはいえ、仮想ライバル的なMAの迫力たるや。
それでもFM-Aをメインにしてるのはこだわり以外の何物でもないなw

で、「遅い」FM-Aはとにかく完走狙いで安定性重視のセッティング
一方のMAはLCがギリギリ入るくらいの攻め気味な感じを狙ってみる。

今までサイマスMAマシンをちゃんと作ったことないのもあって
コーナー後に拠れるような不安定さの抑え方がわからないまま
まぁメインが落ち着いたので今日のところはここまでにしとく。

ipppei at 17:45|PermalinkComments(0)

March 22, 2021

Copperfang B-MAX ver.3b

DSC_0074 (1)DSC_0077 (1)

試走させる前に幻になった仕様の記録。

見た目的には結構好きな状態なんだけど
過去の様々なローリングCO記録するに
ver.2よりハイリスクな予感がしてきた。

不吉(?)なのはまずフロントの軽量13-12mm
その上の湯呑みスタビのよくある組み合わせ。
リアは17mmプラリンアルミで前に寄せたローラー。

これら問題ないように見えて上手くいった記録がない。
案外定番そうに見える部分に隠れた問題があるのかもと。

これらが重要な発見なのかただのジンクスなのかは
仕様変更でローリングCOするかどうかにかかってる。

ipppei at 15:15|PermalinkComments(0)

March 21, 2021

B-MAX MA prototype

DSC_0067DSC_0066 (1)

B-MAXレギュに沿った息子のメインマシンと僕のサブマシン。

2人ともMA、特に無加工マシンは安定性こそが持ち味って考えで
MAサイマスを軸に重さを使ってしっかり押さえるドッシリ系。

サブマシンとはいえあらためてレースに出せそうなMAを組んでみると
軽くしなやかにしするための工夫が実はシャーシの持ち味を消してて
MAはMAならではのアプローチがあるんだろうなって気がしてきたり。

ipppei at 17:45|PermalinkComments(0)

March 17, 2021

Copperfang B-MAX ver.2

DSC_0060DSC_0048

もはやホームと言っても過言ではないTPF新橋へ。

ここはじっくり時間をかけて(今現在は2時間制)
基本を確認しつつギリギリの線を狙うのにいい場所。

というのは基本構成で絶対無理みたいなコースレイアウトはなく
無難に組んで低速で走らせる範囲ではイージーにすら思えるのに
少し速度を上げたり妙な工夫をするとCO連発して対策できない。
この魔物には何度も捕まったので、鍛錬するにはここかなぁと。

今日はHD3を1.10V以上のバッテリーでという条件で
ちょうど写真左下に見切れてるコーナークリアを目指した。

ここのスロープでブレーキが効くようにセッティングすると
ここ以外のバンク登りなどで減速が大きくなりすぎてしまう。

そこで理想は綺麗に飛ばしてからコーナーの入り口で着地させ
フェンスを使ってねじ込む形(上級者の方がよくやってる形)
なんだけどなかなかそうはならずに試行錯誤を繰り返すことに。

ここでバッテリー1.10V以上っていうのがポイントになってて
電圧下がってしまえばわりとすんなりとクリアできてしまうが
満充電に変えると...勢い余ってCOしてまだまだ未完成...ってなる。

ちなみに魔物に捕まった場合、少しくらい速度落としてもダメ。
この辺が実に謎に満ちていて、魔物の魔物たる所以でもあるw

まず取り組んだのがフロントローラーとステーの組み合わせ。
軽量13-12mmとステー下に11mmベアリングから始めて
通常時4ローラー構成のままいろいろ試すがCO連発のまま。

ここで以前だったらすぐに6ローラーにしてたところだが
改善ポイントを特定するためにあえて一点集中で取り組む。

で、ふとフロントのフルカウルワイドが捩れてるかと思い
ARフロントに変てみたがローラ位置的に逆効果だったので
ローラー位置を後ろに下げること優先で以降ステーは固定。

最終的には2段9-8mm逆付け+ステー下830ベアリング
ねじ込み最優先に妥協して他の部分を検討することにした。

「妥協」というのは理想はフロントは13mmでって思ってるから。
フェンスの継ぎ目や3レーンを考えると13mm、それもシングルで
高さ調整で対応したいなぁと。あくまで理想としてはだけど。

ちなみにリアローラーは軽量19mmアルミを一組のみのまま。
これでもコーナーで姿勢が乱れる場面はほとんど見えなかったのと
リアセクションを軽くしておく方が後ろの跳ね対策が少なくて済む
そして副次的に引っかかり防止がいらなそうってことが継続理由。

で、この辺でブレーキ調整し、狙うセクション以外でのCOを封じて
一旦飛びの姿勢とサイマスの位置関係を探ることに集中してみた。

今まではあえて一般的な設定よりもリアよりに荷重をかけて
ホイールベース中央付近で前後を抑えるイメージの設定にしてた。
これはフロント提灯ではこの少し後ろ気味の方がよかったからと
先日のForce Laboでも大きな問題はなかったように見えたから。

でも基本を見直すためフロントに寄せてみたところ飛び込み姿勢改善。
やっぱ基本を確認して把握してからアイディアを展開するべきだなと。

一方これはリアセクションが軽いままだから成立してる気もするので
サイマスの前後位置が変えられるようにステーはMAからARのモノに。

で、2時間で完走率100%になったかというと残念ながら75%程度。

特定のレーンで必ずCOするわけじゃない(これが「魔物」)のと
満充電バッテリー(1.25Vくらい)で試してみても結果は同じだった
...スパッと決まる時があるのがかえって厄介だったりもする...
非CO確率がそのままこの設定の完成度ってことなのかなぁと。

このプロセス自体がこのコースとナイトの皆様から学んだこと。
状況が落ち着いたらナイトチャレンジも再開して欲しいなぁ!

ipppei at 16:30|PermalinkComments(0)

March 15, 2021

Copperfang B-MAX ver.2b

DSC_0041-01

昨日のテスト走行後の修正案。

過去ログでも度々記録されてる反転現象
根本的な解決策は結局わかってないけど
純正アンダーガード装着ってのが共通点。

昨日も直Fアンダーガードは試したけど
わずかに逆反りしてたの修正して再実装。

リアローラーは軽量19mmオールアルミ
ステーは余計な部分の少ないXリヤに変更。

僕が知る限りこれで飛びが安定するはず。

その分コーナーへの突っ込みは強くなるので
綺麗に速く突入した後の食いつき強化として
フロントローラーを軽量13-12mmに。
下の9mmベアリングは念のため。

実はマスダン突き上げてる説あったので
サイマスのビスをより長いものに変えた。

反転対策でリアを「たからばこ」にと思ったが
これも過去ログを見る限り対策にはなってないので
申し訳程度にビスを長くしただけで変更は保留。

さて、次はいつコースに行けるかだな!

ipppei at 17:30|PermalinkComments(0)

March 14, 2021

Copperfang B-MAX ver.1

DSC_0032-01 (1)DSC_0036-01 (1)

早速Force LaboでB-MAX仕様マシンをテスト。

到着時のver.0ではアトミ2に前後各4x2の8ローラーだったが
到着後HD3に前13mmアルミ/後17mmプラアルミそれぞれ1組の
4ローラー仕様にして不具合がわかりやすくなる設定に変更。

結果、着地後に左右方向に回転してひっくり返ることに課題集約。
これは以前新橋のコースでも不規則に起きて結構悩まされた現象。

これの対策する前にコースに出てなかったなぁとブランクを感じつつ
今回は初のサイドマスダンということで実験を兼ねてトライ&エラー。

途中で追加したリアのマスダンも最終的には外してしまってサイマスのみ。
プレートをMAサイマスのものにしてマスダンを外側に寄せたことで
左右方向の安定性が定常的に上がった状態までは持って行けたものの
件のひっくり返りだけは最後まで残りフル充電+HD3では解決できず。

次はリアステーを工夫してローラーの前後位置を変えやすくするとか
フロントアンダーガードをFRPにするとか皿ビスO.K.の引き出し増やそう。

ちなみにこのB-MAXクラス、モーターは公式レギュ範囲内で自由なので
チューン系で張り合える自信があれば、それで完走率を上げるのもアリ。

そうは言うものの丁寧に組んだヘビー級のMAマシンなんかと勝負するには
安全運転でもそこそこのスピードは乗せないと無理だろうなぁ...とか思ったり。

それはともかく久しぶりのラボが楽しすぎて、時間が経つのを忘れた。
息子の方から「そろそろ...」と言われてからさらに数本走らせて家路に。

ipppei at 19:30|PermalinkComments(0)

March 13, 2021

Copperfang B-MAX ver.0

DSC_0000_BURST20210313234712712

Force Laboの新レギュ「B-MAX」仕様マシン。

プラボディを純正の取り付け方で固定
シャーシ加工不可、提灯類や東北不可
市販のスライドダンパー以外に関して
プレート類はがたつきなく固定などなど
(以上2021.3.12改訂のvr0.2ルール参照)
新橋ナイトチャレンジにも似た厳しさ。

vr0.2時点ではモーターの縛りはないので
スピード/パワーをどの辺りに設定するかは
コースと自分の腕前と都度ご相談って状況。

1年以上のブランクからソフトな再開を目指して
ベースには駆動が一番こなれてる感じがしてる
Mach Frame SNC ver.9を選択しメンテナンス。

ボディ分割不可とのことでCopperfangを乗せてみた
黒シャシ+赤ホイールにこのボディもいいかも?

早く走らせてみたいver.0試作。

ipppei at 23:30|PermalinkComments(0)