Night Challenge

September 09, 2019

TPF Shimbashi Night Challenge: FM Limited

DSC_6466 (1)

3回目のFM限定戦。

前夜の台風の影響で6時過ぎてもレーサーが集まらず開催が危ぶまれたが
Dxn組のTもラウディーブルのスターターパックを15分で組み緊急参戦し
7時にはレース開催限界人数を超えた10人による2リーグで無事スタート。

レブ戦で使ったMach Frameをコーナーにねじ込めるようアップデートし
ダッシュタイム無しでも速度負けしないようにしたつもりのver.5仕様。

決勝に向けた予選として、自分的には悪くない走りでリーグ2位通過。
気が付いてみれば安全に走るだけでは満足できなくなってる自分(^-^;

優勝決定戦進出は逃すも3位決定戦にコマを進め、アルカリ電池投入。
行けるかもと思った矢先、もはや持病とも言えるカーブ後の反転発生。
フェンスに引っかかりながらも粘るようになんとかコースに戻ったが
週末のチャレンジクラスで入賞した方を相手では生き残りでは勝てず。

手持ちのFM-Aマシン3台で不規則に起きるこの現象を解決しなければ
次のレベルには進めないなと考えつつ、熱い決勝戦までレースを満喫。

日本語分からない飛び入り参加者も暖かく迎えてくれた皆さんに感謝!

ipppei at 20:30|PermalinkComments(0)

September 03, 2019

TPF Shimbashi Night Challenge

DSC_6423 (1)DSC_6426 (1)

今晩はナイトチャレンジ。マシンはレイザーバック ver.5で。

この仕様はアトミ2でもトルク2でもいい感じに安定していたので
リフレッシュしたバッテリーをどう使うかに気を使って予選へ。

初戦の単独走行は無難に終わらせ、2戦目はレジェンドのスピード王。
胸を借りるつもりで恥ずかしくないように満充電で臨み予定通り完走。
3戦目勝ってポイントを稼ぎ、このペースでコマを進めようと思ったが
その後荒れてきた最終"レジェンド"コーナーに捕まりCO連発で予選敗退。

練習では自分なりにスピード出しつつねじ込めてただけに原因探りたく
その後はこのコーナー付近に座って決勝進出各位の走りを観察しながら
チャンピョンズのお一人にこの状況分析を伺いながら勉強させてもらう。

コースの変形と温度や湿度による複合的な影響に対応できてなかった。
要はもう一段階速くした状態でねじ込めないと勝てないってことか...。

それにしてもダッシュタイム発動の相手をチューンで退ける様は憧れる。
今晩もまたいろいろなヒントを頂けたので、次も引き続き頑張ります!

ipppei at 22:00|PermalinkComments(0)

September 01, 2019

DCR-01 SNC special: ver.3

DSC_6415 (1)DSC_6416 (1)

ブレイクスルーを求めて駆動出てる習作のDCR-01を大幅変更。

まだまだ各部暫定的なまま一応試走させてタイム測ると
トルク2 PROアトミ2レイザーバック ver.5とほぼ互角。

言い換えればこの程度まではすぐに組めるようになったが
この上もっと速くすることが出来ていない証明とも言える。

根本的にはモーターとバッテリーなのかなぁ...と思いつつ
サブマシンを持っておいた方が安心なので一応準備しとく。

ipppei at 22:00|PermalinkComments(0)

Razorback SNC special: ver.5

DSC_6411 (1)DSC_6413 (1)

今のコースならということで水平時4ローラーになるリアと
先日教えていただいたフロントギミックを搭載してver.5へ。

フロントローラーが19mmから13mmに縮小された部分とか
一長一短あるように思うが、安定性は低下してなかったし
ダッシュタイム対応などブレイクスルーが必要な気がして
今後の展開のために次回はこの仕様をベースにするつもり。

ipppei at 21:30|PermalinkComments(0)

August 29, 2019

TPF Shimbashi Night Challenge: Rev-limit

DSC_6387 (1)DSC_6390 (1)

2ヶ月ぶりのレブリミットにマッハフレームver.4を微調整し参戦。

今回のコースはCO率が低く、予選Bグループは速度勝ち必須な気配。
要は今までの基本生き残り勝ち経験からして僕には厳しめの展開予想。

変なとこでフェンスに引っかかってリタイアになったのは事故として
前半リードしながら最後の最後に一枚以内でギリ競り負ける展開が2回。

結局なんやかんやで5ポイント取り損ねて今晩は久々に予選敗退で終了。

ただし今回のコース対策に関して決勝進出した諸氏と話できたのは大収穫。
ver.4の狙いだったマスダンパーの設定幅とバッテリー回しは良かったので
次回はローラー設定変更で安定性向上とスピードアップの両立を狙う予定。

皆さま今宵もありがとうございました!

ipppei at 22:00|PermalinkComments(0)

August 24, 2019

Mach Frame SNC special: ver.4β

DSC_6362DSC_6363

DSC_6365DSC_6364

アニマル仕様のレイザーバックNP/MB: ver.2.0の間的な仕様。
主に重量バランスの調整幅を考えて、マスダンパー周りを変更。

ipppei at 13:52|PermalinkComments(0)

August 21, 2019

TPF Shimbashi Night Challenge: Animal Night

DSC_6351 (1)

5月以来のアニマルナイト。マシンは豚載せレイザーバック

予選は途中リアローラ高さ調整が功を奏したようで全戦完走し
グループ一位通過でシード権を得たものの、決勝最初の相手は
前にぶっちぎられて負けたとにかくべらぼうに速いレジェンド。

どうせ速度負けするならダッシュタイムで散ろうかとも思ったが
それは良くも悪くも自分らしくないレース運びだと冷静に考え
駆動の再調整と高電圧のアルカリバッテリーに変えて挑んだ。

自分としては今日一番のスピードでアタックし完走もしたが
競ることすらできずかなりの差で完全なる速度負けし終了。

次のレベルに上がるには、まずスピードだと実感して
上位の方々のマシンをじっくり見せていただいたり
スピードアップの工夫なども伺って次への糧に。

今晩もいい夜でした!

ipppei at 22:18|PermalinkComments(0)

August 20, 2019

DCR-01 SNC special: ver.2b

DSC_6334DSC_6345

DSC_6338DSC_6333

DSC_6339DSC_6346

4ヶ月ほぼ放置していた大径MAマシンを習作的にアップデート。

試走前だけどリアのマスダンはこれで十分かもしれないので
今更ながら次はサイドマスダンにしてみようかなぁと思った。

Tuned classでopen classに迫る走りを実現するってことが
チューンナップの基本を満たしてるって言える気がするので
あえてSoCal風の提灯N.G.縛りで構成してみるのもいいかも。

ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)

August 17, 2019

Phantom-blade Rev-tuned study: ver.2

DSC_6325DSC_6327

フロント提灯仕様にして新橋でシェイクダウンしてみた。

レブ2/超速/前後中径マルーン/13mmA/17mmPAで試走。

駆動調整の成果が出てるのか直線の伸びは結構いい感じだし
マスダン最低限なこと考えたら着地の安定感も悪くないんで
コーナー出口のモッサリ感解決できればレースで使えるかも
...ってレブ2のトルクなら総合評価高めのインプレッション。

今更ながらチューンクラスだと旧シャーシは侮れないわけだ。





ipppei at 17:00|PermalinkComments(0)

August 16, 2019

Phantom-blade Rev-tuned study: ver.1

DSC_6311 (1)DSC_6322

DSC_6320DSC_6316

主力のFM-Aと部品互換があるX系シャーシを試したくなり
あえてSXのオリジナル版ファントムブレードを組んでみた。

以前作ったSXX版のブラックスペシャル家庭内レギュ勝負の後
息子がFMARに挑戦したのに合わせてFMXXに改造してしまった
今回は片軸リアモーターマシンの研究材料として無加工で作成。

FM-Aとのパーツ互換という意味ではARでも良かったんだけど
旧シャーシならではの調整を楽しみたかったというのもあって
まずはレブチューン限定マシンとしてしばらく遊んでみる予定。

ipppei at 16:36|PermalinkComments(0)

July 03, 2019

TPF Shimbashi Night Challenge

DSC_5824DSC_5820

2回目のナイトチャレンジ。

前回フルマークで予選通過したのにもかかわらず
自爆で敗退したRazorbackを修正しver.4でリベンジ。
先週のレブリミットと同じコースレイアウトなので
写真右下の下りスロープ直後、特に緑と黄色レーンと
左上の最終コーナーの2つのセクションが魔物ポイント。

予選は単独走行含めて4連続3ポイントをゲットしていたので
速い相手にフルマーク通過よりもチャレンジしてみようと
ここまで使っていたネオチャンプパワーチャンプRSに変えて
新品アルカリの高電圧によるスピードアップを狙ってみた。

確かに今まで毎回速度負けしてた相手に対してリードしたが
セッティングの詰めが甘く最終コーナーでCOしてしまい負け。

とは言うもののこれで引き出しが一つ増えた気がしたので
この後どこかでこの手を使おうとパワーチャンプを温存し
この日セッティングに悩んでいた相手との決勝1戦目は
予選での完走イメージを重視してネオチャンプで対戦。

ここで相手のセッティングか決まりスピード負けで敗退。
結局彼はこの後ハイレベルな大接戦で会場を沸かし準優勝。

いつも通り自分が負けた後も観戦を楽しんで終わったが
振り返ってみると予選最終戦と決勝第1戦のバッテリー交換
逆の方がよかったのかもなぁ...っていうのが今回の気付き。

速い相手(ちなみに彼は今回3位)に対してリードしたのは
正直うれしい場面だったけど、そこまでの予選運びを考えたら
速度負けしても完走で1ポイント得ておけばシードを得られた。

逆の立場だったらこの場面ではここまで安定で来てる相手に対して
予選でスピード競争を挑む必要はないわけで、そうなるとこっちは
そこそこのスピードながら高確率で完走する方が有利だったなぁと。

毎回予選と決勝の間には多少なりともフリー走行に時間があるから
ここでアルカリ用セッティングを調整する余裕は十分あったはず。
前回の経験で速度が落ちた時のスロープ後不安定になる問題に集中し
速度が上がった時に最終コーナでCOする場合への対策が不十分だった。
予選前の練習でアルカリを使った時にはCOしなかったから安心してたし。

「前の走りのイメージが残っちゃうから、心理戦な部分もあるんですよね。」

この言葉の意味がよーく分かった夜でした。

ipppei at 22:00|PermalinkComments(0)

June 27, 2019

TPF Shimbashi Night Challenge: Rev-limit

DSC_5785DSC_5787

DSC_5781IMG_20190627_212231_014

初のレブリミットに参加。

タイトル通りレブチューン系モーターしか使えないが
FM限定戦よりもさらに選べるシャーシの種類が多い分
マシンの改造ノウハウの引き出しが問われるレース。

今回もFM限定戦に出したMach Frame SNC SPを使って
例の突発的な捻れ転倒対策を中心にver.3として投入。

予選は大径マシンに僅差で負けからCO負けと厳しい状況から
最終戦でギリギリの1勝を挙げて立て直しなんとか通過。

微妙な速度域でのみ発生する突発転倒を恐れつつ調整を続け
バッテリーもやりくりしながらついに久しぶりの決勝戦進出!

速度では勝てない相手になんとか食い下がる展開を目指したが
なんと転倒2連発であっけなく終了...やっぱり万全ではなかった。

それにしてもレブチューンであの速さは皆さん本当にスゴ過ぎる。

あらたな謎を抱えつつ、準優勝はうれしいので気分良く家路に。



ipppei at 22:00|PermalinkComments(0)

June 11, 2019

TPF Shimbashi Night Challenge: FM Limited

DSC_5664DSC_5665

2回目のFM限定戦。

Mach Frameをデビューさせるべく、若干不安定さが残るものの
多少の跳ねよりもスピードを抑えすぎないセッティングで出場。

速度負けはしないものの肝心なところでCOするという展開が2回。
6ポイントと微妙な得点かつフロントアンダーガードが割れてしまい
慌てて買ってきて交換するという厳しい状態で迎えた予選最終戦。

そこで相手がダッシュタイム発動。今日はここまでかと思ったが
飛ばしてきた相手がCOした後もなんとか無事完走し予選突破!

他のリーグも波乱含みで、Dリーグは4台で最終予選をするという
先の読めない展開で期待と不安に満ちた状態での決勝トーナメント。
安定感失わなければいい線いくんじゃないかとマスダン重めにして
試走してから臨んだ決勝1戦目、まさかの1周目でねじれるように転倒。

この予期せぬ出来事で負けるというパターンが続いてるんだよなぁ...。
あらためて不確定要素と無加工の組み合わせはスリリングで魅力的。

それはそれとして優勝決勝戦まで見応えのある波乱のレースが続き
時間いっぱいまで皆さんの走りを観戦し楽しむモードになって終了。

ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)

June 04, 2019

Mach Frame SNC special: ver.2

DSC_5602DSC_5604

コースのイメージが残ってるうちにMach Frameの小変更。

Razorbackより10g近く軽いせいか、ピッチングが気になったので
ゴムリングでフロント提灯の反応をほんの少しだけ調整してみた。
跳ねた時の様子をイメージしてリアローラの上段を少し下げて
ついでにステッカーもちょっと追加して気持ち的にver.2扱い。

ちなみにこのスタイルはfishboneって言うんだって昨日知った。

ipppei at 07:30|PermalinkComments(0)

June 03, 2019

TPF Shimbashi Night Challenge

DSC_5596DSC_5597

今日のナイトチャレンジは無加工+無改造の
このシリーズではおそらく一番タイトなレギュ。

Razorback SNC SPは前回のアニマルチャレンジ
若干ながらプラローラーのブレを抑える案を実装し
緩みが気になる箇所をロックナットに変えたりして
安定性を高めつつアトミ2のままなというver.3仕様。

単独走行で始まった予選は15ポイントのフルマーク通過。
シードで決勝リーグへ進出したが、今日はまだCOしてない
...という前回と同じ展開に少しだけ魔物出現の不安がよぎる。

でも今日は全レーンからのスタートを何度か試してあって
特に気になる罠はないはず...の安定度だけが自信の状態。

黄色レーンからスタートし、順調にスピードが上がりリード。
それまでと何も変わらないように見えたがまさかのCO負け。

またしてもそれまで一度もCOしてないポイントでなぜ...
...やっぱ全然分かんないなぁ...だから面白いんだけどねぇ。

ipppei at 23:30|PermalinkComments(0)