SXX

March 12, 2017

2k challenge - R2: Yokosuka

R0030830R0030832

R0030833R0030836

2000円チャレンジ第2ラウンドは横須賀対決。

まずはコジマ×ビックカメラ 横須賀店2Fの3レーン。

立体要素は2つのLCとTTのみ。後半左右にカーブが続く構成。
息子のエアロ アバンテ改にとってはJCJCで鬼門だったLCが2回あること
僕のファントムブレードBS改にはカーブの連続がそれぞれ不安要素。

試走でLC後にCOしたエアロ アバンテのローラー調整後に本番。
ファントムブレードBS改が安定した走りで大差をつけて1ポイント。

続く第3戦は少し移動してヤマダアウトレット館横須賀店

こちらもよく整備された3レーン、中盤にLC->20度バンク->ウエーブあり。
他の重装備MAマシンがうっかりCOするコースで、エアロ アバンテ改は快走。
だがSXXシャーシの特性予想に反して、連続カーブでも小気味好い走りを見せ
小径効果か立体でも低く飛び無駄のないファントムブレードBS改には及ばず。

息子は3レーン3連敗の敗因をフロントローラーのスタビ不足と分析し
レギュ内では対応不能ということで5レーン対決を待たずに終了宣言。

厳しいレギュは短期間・低予算で意外と面白いという話しながら
次の何かまで資金や時間を蓄えるということで来月までペースダウン
...って出来るのか分からないけど、そういうことになった。

ipppei at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 08, 2017

2k challenge - R1: Home JCJC

R0030805avante

自宅のJCJCで2000円チャレンジのテスト走行第1戦。

ファントムブレード BSはLC下りの勢い強めながら
基本的には低く地を這うような安定した走り。
平均で00:04:110、ベストラップは00:04.084だったから
トルクチューン2PRO+3.7:1+大径ナイトレージJr.と同等。
新しいトルクチューン 2は無負荷で16300rpmなので
伸び代考えてもこの挙動ならリアブレーキの調整で対応出来そう。
とりあえず初SXXマシンの基本構成成立したんでホッとした。
緩みやすい六角マウントは5レーンまでに要対策かな。

一方のエアロ アバンテはLC後コーナーでCO連発。
LC下りの減速不足でオーバースピードに見えたけど
ビデオ見てみるとLC登りの勢い強すぎてジャンプ
->フェンスに当たって体制崩したままコースに戻る
->でも引っかかってリタイア、っていうパターン。

フロントの19mmアルミローラーの効率良すぎて(?)
逆にパワー制御出来てない感じを確認して一旦終了。
もちろん完走できなきゃ意味ないけど明らかに速いな...。

追記:
翌日リアスキッドバーに黒スポンジ(予算外)貼って
快速エアロ アバンテも無事完走。
JCJCタイムは00:04.76とかなり減速させてのLCクリア。

考えてみるとファーストトライパーツセットって
普通のAR用MA用もフロント用は13mmプラ。
AR用MA用はそもそも全部13mmプラだけど。)

案外13mmがフェンスに当たってちょっと減速するくらいが
チューン系までは扱いやすいままでいられるってことなのかもな。

追記2:
すでにポイント計算開始とのことで、まずは1ポイントゲット。

ipppei at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2k challenge - initial set up

R0030794R0030795

R0030789R0030791

息子が2000円チャレンジのマシンを手配。

車種は予告通りARのエアロ アバンテ
モーターはチューン上限だからトルクチューン 2
これにARシャーシ ファーストトライパーツセット
19mm オールアルミベアリングローラー
...これでほぼ2000円。

シンプルかつコストパフォーマンス高い選択。
リアのローラーはファーストトライパーツセット流れの
慣れてよく回るようになってる19mm低摩擦プラを使って手堅く。

一方こっちのSXXファントムブレード ブラックスペシャル
前はFRP フロントワイドステー (フルカウルタイプ)
2段プラローラー+ボールスタビキャップスリムマスダンの余り)
リアはトルクチューン 2積んだ時のために慎重に考え
FRP マルチワイドリヤステーMAのファーストトライパーツセット流れの
13mm低摩擦プラ+六角マウント+2段プラで実質3段の2ローラー構成に。
そして主にコース復帰&リアローラー下ネジ頭対策でARシャーシ ブレーキ装着。
細かいところで息子のヒートエッジで使わなくなってたPOM軸受けももらって
お買い物としては1900円ちょい。

モーター、駆動方式、ギア比、そしてプラボディは同等として
タイヤ径とローラーの選択が大きい対決じゃないかと思うけど
明らかに有利な条件は見えたらないかも。

そんな中、息子はマシンをForce Laboに持ち込んで
一からじっくり組むと言い出した...この勝負かなり不利か?

とか思ってたら我慢出来ずに自分一人で組んじゃった息子。

数日だけ方軸シャーシ先輩としてペラシャ調整教えてあげて
前後ギアをマークしてからノーマルで少しギア慣らしして
再度組み直してトルクチューン2に入れ替えてスイッチオン!
なんとも素晴らしく澄んだ音!!

AR恐るべし...音だけで直線でぶち抜かれるイメージ...。
そもそもSXXシャーシ自体は軽いわけじゃないし
エアロアバンテのボディは軽いから車重差は6gだけ。

ホイールベースもARとSXXはほとんど差がないから
SXXのワイドトレッド+前後共詰め気味なローラーが
どう作用するのか、噂通りSXXはカーブで遅いのか...
...それ以前にHGアルミとプラ2段の見た目差がすごいw

やっぱりこの勝負は確実に不利かな...。

ipppei at 01:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 04, 2017

Phantom Blade Black Special

R0030723R0030729

R0030724R0030726

R0030694R0030745

2000円チャレンジのファントムブレード ブラックスペシャル組み立て。

丁寧に作れば性能発揮するだろうということで
息子のMRマシンで使わなくなったPOM軸受け付けて
初めてのスーパーXXシャーシを慣らしてみる。
それから必要最低限と思うカスタマイズ開始。

まずFRP フロントワイドステー (フルカウルタイプ)
FRP マルチワイドリヤステーはシャーシに直接付けて
とりあえず前後とも2段低摩擦プラローラーセットを配置して
これまた息子MRから来たリアスキッドバーを付けてver.1とする。

ついでにエーワンの手作りステッカーにも挑戦。
水転写のデカールに比べれば分厚いし表面光沢がいかにもだけど
逆にステッカーチューン感出て楽しい。

それにしても薄い。そして軽い。電池なしで現在86gしかない。

F-91W-1辺りのチープカシオ的な侮れなさが目標の2台目。


ipppei at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)