FMXX

February 16, 2019

Aero Astute FMXX (α)

DSC_4844DSC_4837

DSC_4842DSC_4845

DSC_4857DSC_4866

FMの勢いにのってTridagger XXXXを改装。

Baron VientoでRat Rod風、Brocken TD FMでロングノーズ
じゃあ純正FMではないこいつはどうしようかとしばし眺めて
アスチュートポリカの膨らんだサイドポンツーン形状から
モーター部分を最高点にした翼断面空力風フォルムが閃いた。

ウイングも使っているので割合的にはかなりアスチュートだが
名乗らないと元ネタが分からない迷ボディになっちゃった思う。
もちろん空力的な計算がされているというよりはイメージ先行w

同じくロープロファイルなWoodstock MAsusと並べてみると
SXXの大きさが際立ってどこかジンベイザメみたいにも見える。

まだローラー無しのα仕様だけど、このFMXXは駆動系がいいし
この時点で電池無し84gと見た目の割にはさほど重くもないので
安定感を活かせる使い道を探しながらゆっくり仕上げていくつもり。

ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)

February 28, 2018

Tridagger XXXX (ver.3a)

R0031967R0031968

形を整える感じで少しボディを切って塗装したのでバージョンアップ。

中身はSD+ギア比4.2という暫定仕様でα版。もちろんFMXXに赤の小径バレル。
ローラ周りはまだ特に変更せず。リアのブレーキをFRP(流用)にしたくらい。
電池抜き重量は130g超で相変わらずのドッシリ系マシン。まぁ見た目通り。

前開きのボディダンパーは正直まぁまぁの効きで大きな振動は抑えきれてない。
叩いてる箇所は電池抑えで、強い衝撃が来るとモーターの前辺りも抑える感じ。
要改善なのだがガバッと口を開ける動きがなんとも捨てがたいので悩み中。

暫定だったサイドマスダンを外してリアにささやかなキャッチャーダンパーを。
これもちょっと曲がってるの直さなきゃいけないけど意外と効いてるのでまあよし。

さてどんな走りを見せるんだろうか。

ipppei at 13:48|PermalinkComments(0)

February 26, 2018

FMXX

DSC_0585

元はといえば息子のFMARに合わせて作ったネタマシンだったFMXX
案外育てがいがありそうなのでもう少しいじることにする。

SXXは正逆両方組んでみたけど、ペラシャ受けの磨耗に気をつけながら
オレンジクラウンをじっくり慣らす(僕はコンパウンド使った)と
逆転でもいい感じに回るし、シャーシの硬さによる駆動系の安定性は
扱いやすさにもつながってると思う。

フロント部分の補強はボディを普通に付けようとしなければ
... そして見た目にこだわらなければそんなに難しくないと思った。
フロントバンパーの取り付け基部がモーターのすぐ近くなんで
何か影響があるんじゃないかって心配したけど今のところ大丈夫そう。

リアは本当はバンパーレスにした方がスラストかからなくって良さそう。
ただ今のところは保留。全長抑え気味で幅広い感じが好きだから...。

FM化のメリット自体は正逆同条件で比較してないから正直不明。
前軸より後ろにモーターがあるフロントミッドシップってことは
バッテリー入れたら見た目ほどフロントヘビーにはなってないと思う。

あくまで感覚的にはFMARと同じような豪快さはあると思う。
ただ単に熟成が足りないだけかもしれないけど。

というかこの手をかける楽しみ自体がFM化のメリットなのかもな。

ipppei at 15:28|PermalinkComments(0)

May 03, 2017

Tridagger XXXX (ver.1.0)

R0031597R0031606

R0031605R0031604

R0031595R0031612

本日Force Laboのリーマン杯用5レーンコースでシェイクダウンした
FM対決用ニューマシン。

よく見ると分かる通りマックスブレイカーBSのSXXシャーシをFM化して
トライダガー XXのボディをボディ提灯にして乗せた小径マシン。

モーターはスプリントダッシュダッシュでギア比はキットのまま3.5:1
フロントはWA13-12mmをピボット機能のみの略式一平ちゃんに装着
写真では見えないけどSXXの元リア部分をFRPで補強しバンパーベースは3点止。
リアはフルカウル用フロントワイドステー二段組にWA9-8mm+プラ8mm。

少なくても今日のコースではバウンシングストレートでの跳ねも小さく
2000円縛りでエアロ アバンテを破ったファントムブレードBSと同じ
小径SXXらしい低く常に安定感をキープできる走りを見せた。

ただし(自分的には)慎重で安全第一なローラーセッティングの影響か
カーブでの遅さはカバーできず、悪い方の胴長幅広SXXらしさを露呈して
息子のマックスブレイカーBS(元エアロ アバンテのFMAR*)に2連敗。
ほぼぶっつけ本番としては悪くなかったと思うのでここは素直に白旗。

オレンジクラウンの慣らしに時間かかるけどFMARよりは楽な気がするし
ポテンシャルはあると思うのでFMXX/FMXで頑張るのも面白いかも。

このマシンに関してはマスダン未装着なのに電池抜き125gっていう
重さ対策からかな。でもこのボディはあんまり切りたくないけど。

というかこのボディ見てると重くていいじゃんって気になってくるな。
軽くしたきゃそもそもポリカボディーって選択肢に行けばいいわけで
逆にこの物量感をFMXXでグイグイ走らせる方が似合ってると思う。

とにかくこれからのマシン。

*
後で分からなくなりそうなのでメモ。
FM縛りってことでFMAR対抗マシンを作ろう
->二匹目のドジョウでSXX使ってFMXXにしよう
->ホイール精度がいいらしいのでマックスブレイカーBSにしよう
->マックスブレイカーのボディがクリアで気に入らないから放置
->息子が元エアロアバンテFMARにマックスブレイカーBSのボディを切って付けた
->僕のFMXXにはトライダガーXXのボディを乗せたいけどポリカは塗装が面倒
->MSシャーシは予備にできるし小径ホイール+タイヤも欲しいしry
->息子が半分に切ったマックスブレイカーBSのボディをMAマシンに付けた
->都合マックスブレイカーBS由来のマシンが3台になった...<今ここ

ipppei at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)