Read/Watch

January 09, 2015

Haru

2717

惜しまれつつ最後になりそうなL.A.O氏帰国歓迎会で春へ。

ねっとりとした鮪の赤身が絶品だった刺身から始まって
あらかじめ肝を溶かし込んだ濃厚出汁が魅力的過ぎて
いきなり〆のおじやに突入したくなったアンコウ鍋を堪能し
(長葱じゃなく玉葱入ってて新鮮かつ美味かったんで真似する)
もちろん〆はおじやいただきながらO氏の今後についてなど。

ipppei at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 28, 2014

OK Go - I Won't Let You Down


それにしてもUNI-CUBって繊細に反応するんだなぁ
っていうのは序の口で、もちろん今回もワンカット
ってことはカメラ飛んでるわけだ。

3:30以降が鳥肌だけど飛ばさず見るべき。

ipppei at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 16, 2014

Naniwa no Synthe-kai (The New World of Synthesizer in Osaka)

19

奇しくも808 The Movieの予告編が公開されたタイミングで
シンセサイザードキュメンタリーのナニワのシンセ界を鑑賞。

大阪のシンセサイザーメーカー「REON」の荒川 伸氏を軸に
Rolandの地元でもある大阪圏のシンセ界と個性溢れる
関西「シンセ界人」たちを捉えた作品。

YMOに衝撃を受けMoogのタンスを自力で再現したという荒川氏の
(ってサラっと言ったけど、どれだけ狂気の沙汰かは上記リンク参照)
楽器造り、モノ作り、メーカー/ブランド/ビジネスの哲学と想い
さらにはシンセ界人のよる実験的な活動や地域に基づいた文化まで
ほとんどの時間をインタビューに費やし記録しまとめている。

関東在住でRolandとMoogじゃなくKorgとARPが好きな自分でも
途中で何度となく「これは自分が言ったことじゃなかったっけ?!」と
Tollywoodの16番席でフラッシュバックみたいなデジャブみたいな
妙な感覚に襲われ続けながら、登場する彼らと同じ目をしながら
75分を過ごした気がする。

アナログ/デジタル問わずシンセサイザーが好きなら観た方がいい。
いや、必ず観るべき。

ipppei at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 03, 2014

Bond In Motion

DSC_0905DSC_0901 - バージョン 2

DSC_0904DSC_0900

London Film MuseumのBond In Motionへ。

歴代ボンドカーやQの秘密兵器、そしてスケッチも展示されてて
思わず本買ってしまった。

それにしてもボコボコになったAston Martin、これ本物じゃん!!


ipppei at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 02, 2014

Zushi Beach Film Festival - Caribbean Day

DSC_0164DSC_0166

DSC_0168DSC_0184

DSC_0177DSC_0179

逗子海岸映画祭7日目。

駆けつけでヨロッコビールのCaravan IPAを一杯ゲットして
カリブ音楽DJ中のピーター・バラカン氏と写真撮らせていただいて
(ありがとうございました!)友だちやそのまた友だちたちとゆったり。

基本最後までずーっとそういう感じ。

少し肌寒くなってきた海岸で本題の映画「永遠のハバナ」観ながらフォー。

Setoさん家族と別れて持って来た椅子畳んで肩に担いだまま
オイチイチ近辺の方々とご近所トークしながらもう一杯。

毎年思うけどホント最高のパーティー。

ipppei at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 18, 2014

memo

DSC_0059DSC_0059

ひと月前のニカイドウレンジ公式ブログの記事
ドラゴンボールの左と右と読みやすさの秘密
もう一回読んでもやっぱり面白いので備忘録。

ipppei at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 14, 2014

Modern Farmer

DSC_0024s

ジャケ買い。

Things We Loveページとか見てると
日本でもこういう雑誌アリな気がする。

#ModernFarmer

ipppei at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 30, 2013

GRAVITY

G

僕の周りの誰もが絶対見るべきと言ってた映像もすごいけど
2人が役者がこれを演じてるってことにジワジワすごさ感じてる。



ipppei at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 14, 2013

An Autumn Afternoon

帰りの飛行機はなるべく起きてるようにしてるから映画。

パシフィック・リム->ウルヴァリン:SAMURAI->天使と悪魔
ときてなぜか秋刀魚の味

時差ボケで疲れてて飲んでたからかもしれないけど
独特のテンポと妙な台詞の反復に何かが歪んでくる気がした。

そこにCAさんが飲み物を配りに来たんで「じゃあ...」と間を置くと
CAさんは「お茶ですね。」と聞き間違い。

僕が「違います。まだ言ってません。」と少し大きめの声で言うと
CAさんは「はい。」とさっきと同じ笑顔のままこっちを見てから
これまたさっきと全く同じ調子で「お飲物いかが致しましょう?」

仕切り直すように「赤ワイン下さい。」と言うと
「赤ワイン、ですね。」「赤ワイン、どうぞ。」と。

その後デス・プルーフ観るまで現実感が戻らなかった
っていうかデス・プルーフで戻る現実感ってなんなんだよって件。



ipppei at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 03, 2013

Back streets of the Internet



ものすごくいろんな条件を加味して考え込んでる時にこれをみて
なんだかもしかして同じような何かを自分も求めてる気がして
このままもうちょっと悩んでてみようと思ったんで備忘録。

ipppei at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 23, 2013

Spending all my time (Extended Mix) / Perfume

Perfume_C

カンヌ国際広告祭でのPerfume Global Site Projectのプレゼンテーションがハンパない。



参加型っていろいろあるけど、クオリティを常に高く引っ張り上げてるところが素晴らしい。
で、それは何より3人のダンスの力が大きいってことがこのパフォーマンスで分かる。



個人的には5分前後のシーンと最後の3人がハケるところが好き。

ipppei at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 09, 2013

Jimbou book town

5646

久しぶりの神保町書店街
雑然としてるけど無秩序じゃなくって
無数にあるのに圧迫感がないのは
もしかして手書きのラベルのせいかもと。


ipppei at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 19, 2013

mononomigoto

R0023002

一昔前は工場じゃないと出来なかった精密加工が個人宅でも出来るようになって来た昨今の状況で、職人さんがもっといた頃の街を想像しながら「もののみごと」を読書中。見開きの4-500文字毎に一つ二つ、真面目さとか勤勉さを超えた何かもっと合理的なものを含んだ金言ある感じ。

ipppei at 17:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 16, 2012

MAKERS

_AA1500_

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる読了。

思えば僕の周りで一番DIYだった人は亡くなった祖父で、彼は渋谷東急ハンズが出来た頃にその品揃えとアドバイザーの技術知識にハマって、足しげく通っていろんなツールや素材を楽しんでた。そんな彼が今生きててネット使ってたら(そういえば彼は英語が堪能だった!)って思いながら読み始めた。

読み終わってからNHKスペシャルの漢字誕生王朝交代の秘密を見たんだけど、ふと考えれば図面とか組立図って言語を超えて広がりやすいじゃんと。だから物を介した会話ってSNSでも盛り上がりやすいと思うし、そういう環境が手軽に手に入る状況だと大量生産のメーカ内グループウエアが急に旧いシステムに感じたりする。

で、そんな量産メーカーの窓から鉄筋コンクリートでビル建ててる見てると、鉄筋コンクリートってそもそも現場で成形だなぁと気付いたり、普通の木造住宅だってあんまり遠くから部材調達しちゃったらメンテナンスが大変で不合理な部分出ると思う。

と、とりとめもなくこの本にまつわる些細な話しがしたい今日この頃です。

ipppei at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 20, 2012

Record Collectors' Magazine

R0022432

義父宅の倉庫に眠っていた1985-2003のレコード・コレクターズ、気になった&増刊未収録特集の号を長期貸し出ししてもらう。

ipppei at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)