TPF Shimbashi Night ChallengeNP FM-A prototype: ver.1

July 10, 2019

NP FM-A prototype: ver.0

DSC_5839DSC_5840

DSC_5841DSC_5842

すっかり無加工(No Processing)が面白くなっちゃってます。

レース用のセッティングってundoできる再現性も重要かも
って考えるようになってから各パーツの品質安定性を信じて
組み直せばリセットできる構成で戦うのもアリだと思ってる。

まぁ何より無加工パーツだけで組んだマシンならではの
素材感と色彩の組み合わせが織りなす妙がミニ四駆的的で
それが単純に好きっていうのが一番の理由でもあるんだけどw

で、在庫パーツを中心に自分的無加工縛りのFM-Aマシンを試作。

駆動系はほぼ素組みでギア比もキットの仕様通り3.5:1の超速。
暫定ホイールはフロント側の安定性を重視して前のトレッド広く。
タイヤもキット仕様通り前後共ローハイトスーパーハードのまま。

初のフロントスラダン+リヤスラダンは前後金属ステーのまま
ローラーはとりあえず13mmアルミローラーを6つ装着。

下回りは安定感重視の低摩擦フロントアンダーガード
ブレーキが大きく貼れるFRP リヤブレーキステーを採用。

制振系は提灯にせずにフロントステー上にストレート配置し
リアは宙浮きと重心低めを狙ったスリムマスダン横置き東北風。
この状態だとストレート/ショートストロークのフロントマスダンが
跳ねを抑えきれない着地角度がいくつもあるように見えるので要検討。

ボディは暫定ながらマッハフレームのフィッシュボーンスタイル。
パーツ取り付けのフレームだとすると便利かつ見た目も悪くない。

特に軽量化は狙ってないので、電池抜き126gと重すぎず軽すぎず。
経験上なんとなく125-130g辺りが扱いやすい感じするのでこれでよし。

と、今日はここまで。

ipppei at 22:41│Comments(0)FM-A | Mini4WD

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
TPF Shimbashi Night ChallengeNP FM-A prototype: ver.1