NorCalSus type C: day3MS-20 Improvisation

November 29, 2018

Calimero MAsus

DSC_4021DSC_4022

_20181129_150420_20181129_150448

DSC_4016DSC_4020

NorCalSus type Cにライキリのボディを乗せてCalimero完成。

サスで動くタイヤの干渉を避けるべくいわゆるシャコタン。
構造上フロントがこれ以上下げられず尻下がりになったので
真横から見ると前後が逆に見えなくもないシルエットでもある。

しっかりしたリアフェンダーの盛り上がりがなくなった分
リアピラーの根元を受けるボリュームが不足してしまったし
三角形のディテールがそれぞれに主張を始めたようになった。
なので命名由来の弧を描くキャビンを前寄りに前後に切ったり
フロントノーズをライトの目頭で分割して緩めの弧に見せたり
ショルダーの面が縦に落ちる部分を角から下に少しだけ残して
斜め前からはフロントライト、斜め後ろからはノーズ分割線と
若干のつながりを感じられるように角度や弧を調整することで
フロントホイール切り欠きの唐突さを若干緩和してみたりと
抜きのラインで視覚的なバランス取り狙ったけどどうかな...。

ともあれエッチングバサミマスキングテープとピンセットで
ボディ造形の再解釈をしていく作業工程はなぜか無性にハマる。
ポリカは面の張り方とか角Rとか彫り込みとか調整できないし
塗装前の透明なボディはどうしても形自体が見えにくいので
立体切り絵みたいな感じになるのが面白いのかもしれない。

ちなみに重量は電池無しで94gとGTボディのわりには軽めかな。
とはいうもののまだPOMのままで各種ベアリング仕込んで無いし
MDPにしたらリアブレーキステーいると思うのであくまで参考値で。

これで鳥名NorCalSusマシンが3台になったのであとは実戦テスト!

ipppei at 17:00│Comments(0)NorCalSus | MA

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
NorCalSus type C: day3MS-20 Improvisation