February 28, 2019

Tokyo: day3

DSC_4923 (1)

雪谷で美味しい夕飯。

ipppei at 18:00|PermalinkComments(0)Life | Trip

February 27, 2019

Tokyo: day2

ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)Trip | MA

February 26, 2019

Tokyo: day1

IMG_20190226_212012_764

あえて定点観測的な。

ipppei at 21:00|PermalinkComments(0)Life | Trip

February 24, 2019

Fresno

IMG_20190224_170153_866

帰り道の一コマ。

ipppei at 13:00|PermalinkComments(0)Life | Trip

February 23, 2019

Sakura Cup 2019 R4

DSC_4891DSC_4901

DSC_4902DSC_4903

Sakura Cup 2019 R4に参戦。

息子も僕もOpen Classのみ各3台をエントリー。
写真右下のスロープからカーブへのセクションが鬼門。

NorCalSusのWoodstockは念のためサイドマスダン試したけど
フロントブレーキとリアブレーキステーだけで完走できたので
結局ノーマスダンのまま出場し、いい線行ったけど予選敗退。
駆動系の調整で速度が上がってきているので今後も粘るつもり。

R1で準優勝したExflowlyは1回戦で息子の軽量MAエアロアバンテに勝ち
相変わらずの勝負強さを見せながら2回戦に進んだがまさかのCOで敗退。
自分的な敗因分析は速度欲張った電池交換...。でもやっぱりこいつはエース。

自身初のFMマシンであろBrocken FDは意外といい感じにセッティングが出て
スロープの登りで地味に稼ぐ走りで検討したものの力及ばず1回戦敗退。
アクシデントによるキメラボディが褒めてもらえたので気分はよかったけどw

息子は前述の軽量MAと高速S2の他に新規FMマシンもエントリー。
このFMマシンがまさかの2回戦突破とこの日の我が家最高成績だったので
旧FMかFM-Aは一応準備しておいた方がいいかなということになった。

今回もいいレースと楽しい時間が過ごせたし、学ぶものもあったので満足!

ipppei at 23:30|PermalinkComments(0)Mini4WD | Trip

February 22, 2019

Hayabusa 2: Touch Down!

IMG_20190221_152021_118 (1)

珍道中に出た当時もその後の4年間もいろんなことがあった自分の人生と
こんな壮大な出来事を重ねて感じることができる日が来るとは夢にも思わず
タッチダウンから少し時間が経った今でも胸がいっぱいのままです。



ipppei at 09:10|PermalinkComments(0)Tech | Life

memo

ここ数年のモヤモヤをメモ。

売らんがための短期的な施策をあえてすごく客観的に見ると
とにかくreachしたくって仕方ないって感じることがある。

reachって言葉のコアは「対象・目標に届く/動きと方向性が含意される」だから
「reachしたくって仕方ない」っていうのは根源的にはすごく素直なんだよな。

問題は「reachしたい」っていうことより「仕方ない」って部分かなぁと。
施策が短期的視点に基づいてる感じするのはこの必死さから来てる気がする。

一方、根源的な価値みたいな中長期的な視点での考え方や取り組みって
momentumのベクトル合成が不自然に感じられる時もあるんだよなぁ。

必死さの迫力が向かう方向性とその対象との角度に妙な開きがあって
相当の力をかけても加速するまで時間のズレが生じるみたいな感じ。

対象や目標がある程度見えてるんだったら、そこに届いた時点で
効果的に力が発揮できる施策かどうか考える必要があるんじゃないか
だから届くまでの動きと方向性は適宜真っ直ぐでもいいのかなぁと。

「適宜」っていうのが大事に思えるんだけど、ここがまた短期的かなぁ。



ipppei at 06:47|PermalinkComments(0)Products/Design | Misc

February 17, 2019

a day

IMG_20190217_143034_824IMG_20190217_152038_895

久しぶりに家族(犬込み)でMisson areaを散策。


ipppei at 16:00|PermalinkComments(0)Life 

February 16, 2019

Aero Astute FMXX (α)

DSC_4844DSC_4837

DSC_4842DSC_4845

DSC_4857DSC_4866

FMの勢いにのってTridagger XXXXを改装。

Baron VientoでRat Rod風、Brocken TD FMでロングノーズ
じゃあ純正FMではないこいつはどうしようかとしばし眺めて
アスチュートポリカの膨らんだサイドポンツーン形状から
モーター部分を最高点にした翼断面空力風フォルムが閃いた。

ウイングも使っているので割合的にはかなりアスチュートだが
名乗らないと元ネタが分からない迷ボディになっちゃった思う。
もちろん空力的な計算がされているというよりはイメージ先行w

同じくロープロファイルなWoodstock MAsusと並べてみると
SXXの大きさが際立ってどこかジンベイザメみたいにも見える。

まだローラー無しのα仕様だけど、このFMXXは駆動系がいいし
この時点で電池無し84gと見た目の割にはさほど重くもないので
安定感を活かせる使い道を探しながらゆっくり仕上げていくつもり。

ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)FMXX | Mini4WD

February 12, 2019

source of inspiration

Story Goodwood21497697072_3a17d66c4b_b

12034152743_3b2b21f250_bc2d996540456e7dea64d8bec4bd34d14

nn6q2zhea1701Gillet-Vertigo-Pikes-Peak-002-860x484

ba72487f72053cc213b9337f4471b3be6bf1f7b394167b79427e0c2d7b80eb79

Brocken TD FMを作る過程で頭をよぎったクルマの備忘録。
より多彩な引き出しを持つべきな気がするので検索しといた。


ipppei at 03:33|PermalinkComments(0)Mini4WD | FM

February 10, 2019

Brocken TD FM (ver.0)

DSC_4803 (1)DSC_4796 (1)

DSC_4800 (1)DSC_4808 (1)

ペーパーがけとサフェーサー吹きを終えて、マイカレッドで塗装。
それを庭で乾かしてたらChaChaが噛み砕くという事件発生。

完成間近にボディの大半を失うというアクシデントに見舞われ
手持ちのボディをいろいろ当ててみるがどれもしっくり来なくて
かなり凹んでた状態の中、サンダードラゴンを逆付けして閃く。

(中略)ということでついに初のFMマシンであるBrocken TDが完成。

フロントヒクオ系提灯とリア東北風ダンパーの可動域を確保する上で
不要な部分だけ切り取って載せてみると、フロントカウルからの繋がりや
コーダトロンカっぽいリア断面とリアウイングパーツの形が合ってたりと
偶然の要素が功を奏して、フロントエンジンらしいロングノーズになった。

モーターの位置から後ろに向かってボディが絞り込まれていくフォルムは
FMシャーシマシンの代表とも言えるストラトベクターへのオマージュにも見え
折り紙的な直線と平面による構成や台形の繰り返しはどこか'80s GTっぽくもある。
フロントスクリーン枠部分の太い面取りや前輪後ろの3本スリット風ディテールは
フロントカウルという前振りを経て見るとブロッケンGの面影が...ってことにしとく。

気がつけば元のキット由来の部品がほとんど残っていないという稀に見る結果。
ポリカボディで軽くはなったので、レースに出してみようかと思う完成直後。

ipppei at 21:46|PermalinkComments(0)Mini4WD | FM

February 09, 2019

memo

IMG_20190209_121417_017 (1)

一風堂ミーティング。

ipppei at 12:00|PermalinkComments(0)Life 

February 06, 2019

Brocken G FM (ver.0)

DSC_4693DSC_4701 (1)

DSC_4774DSC_4772

FMシャーシで再出発したブロッケンGがやっと形になって来た。

3レーン立体コース用マシンとしての基本的な制振性を持たせつつ
ブロッケンGのプラボディを載せるのがver.0時点の基本コンセプト。

フロントは前後を直F一本でつないだ「火の字型」フロントヒクオ
リアはボールリンクアーム+可変リヤーウィングパーツの東北風と
ある程度ボディとの干渉を考慮した上での制振装置を搭載しつつ
それでもかなりカットする部分が増えたのでランナーでボディ補強。
こんな補強を入れてもなんとなく様になるのがこのマシンらしさかと。

フロントカウルをボディと一体化して取り付けるのが面倒だったんで
カウル無くてもかっこいいとか簡単に2g軽くなるからお得だよなとか
自分に言い聞かせて進めて来たけど、合わせてみると必須な気がして
雰囲気残るように慎重に削りながら装着できるように加工してみた。

フロントカウルのためにフロントステーの取り付けもほんの少し変更。
副次的にアンダーガードがほぼツライチになったので改善かもしれない。

ボディ前後を切るとネオ・バーニングサン風になるって言われてるが
まさしこその通りだってこと感じてたんでこの路線で進めることにする。

正直言ってブロッケンGそのものに強い思い入れは全く無かったんだけど
いじってるうちに面白くなっちゃってFMと合わせて二重の沼と化してる...。


ipppei at 13:13|PermalinkComments(0)Mini4WD | FM

February 04, 2019

memo

IMG_20190204_212120_366 (1)


どんなに時差ボケでも彼に会うべきだと感じてAlpha Acidへ。
日本語訳の見えない都市と数杯のビールと大きな勇気を戴いた。

ipppei at 21:00|PermalinkComments(0)Life | Read/Watch

February 03, 2019

Tokyo: day8

IMG_20190203_151728_598 (1)

ラーメン宮郎でミニ/豚ダブル/野菜/脂を。
感覚的に麺と肉と野菜が等分でもはや豚肉料理。

ipppei at 15:00|PermalinkComments(0)Eat/Drink | Trip