May 06, 2021

memo

DSC_0205-01 (1)DSC_0223 (1)

DSC_0233 (1)DSC_0308 (1)

Vanerのカルダンモンロール
Kebab Chefのサンドイッチ
Kyodai Marketのエンパナーダス
*BLUE LUG*のONIGIRI reflector


May 05, 2021

AR Chassis

DSC_0238

片軸の勉強ってことでAR組んでみた。

取扱説明通りに組んでみるとものすごい音。

それもギアカバーを緩めると収まるという
今まで経験したことのない状態でしばし困惑。

初めてなので対処方法が全く分からず
いろいろ試して苦戦することほぼ半日。

モーターの位置決めがFM-Aと逆だと気づき
スポンジの挟み方を変えてみたら一気に解決。

もちろん静か=速いってわけじゃないけど
騒音レベルはMA<AR<FM-Aという状態。

調子に乗ってARのB-MAXマシンもアリ?
...って最近浪費投資しすぎな気もするので
MAと共に駆動とボディだけに留めるつもり。

ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)B-MAX | AR

MS-20 Improvisation

20210410_2

All sounds come from A Korg MS-20. no sequencer, no sound effect.


ipppei at 16:00|PermalinkComments(0)MS-20 | Play

May 01, 2021

Mach Frame B-MAX prototype

DSC_0299 (1)DSC_0304 (1)

DSC_0225DSC_0227

持て余した時間でサブマシンを仕上げようと思ったが
試したいことはMAではなくFM-Aになることを考え中断。

そこで引退させるシャーシにもう一役担ってもらおうと
B-MAX仕様実験用のMach Frameとして復活させてみた。

在庫部品の寄せ集めなのでフルカスタムに見えてしまうが
キットのオリジナル構成と付属部品を出来る限り活かして
必要最低限の追加パーツで組んでみるというのがコンセプト。

改修後のCopperfangがバッテリー抜き約128gなのに対して
このMach Frameは約115gと思った以上に軽く仕上がってる。

マスダンの差分が約5g、プレート類の差分が約7gなので
調整幅/耐久性と重量がトレードオフになってる感じかも。

この重量差でのサイドマスダンなし/リアマスダン位置高め
リアのプラローラそしてキット標準相当のローラーベース
走らせてみないと評価不能なので連休明けまで動態保存決定。

ipppei at 10:00|PermalinkComments(0)B-MAX | FM-A

April 28, 2021

MS-20 Improvisation

20201227_2

All sounds come from A Korg MS-20. no sequencer, no sound effect.


ipppei at 16:00|PermalinkComments(3)MS-20 | Play

April 27, 2021

Copperfang B-MAX N2

DSC_0283 (1)DSC_0289 (1)

DSC_0285 (1)DSC_0286 (1)

B-MAXマシンのメンテナンスをしてるうちに
シャーシがくたびれてる気がしたので交換。

これは元々Mach Frame SNC specialだったから
走行時間とCO回数もそれなりに多くなった個体。

割れてるとか磨り減ってるってわけじゃないけど
なんとなくそろそろ替え時な気がしてきたって感じ。

そこで蛍光オレンジで前回のNarrow仕様を再構築。

組み直して回してみるとすぐにわかる程度に音が違う。
いっそベアリングとホイールも変えた方がいいかもな。

ipppei at 23:30|PermalinkComments(0)B-MAX | FM-A

April 25, 2021

B-MAX Gp 03

DSC_0273-01

5レーンコースで開催されたB-MAX Gp第3戦に出場。

結果は敗者復活戦含め4ヒート全てCOで勝ち数なし。

今日の収穫は練習で課題だったフロントブレーキ設定
幅を105mm以下に狭めたローラー設定の可能性確認
今さら自身初だった貫通ホイールの耐久性(と安心感)
そしてまだ途中ながらも育成したバッテリーの粘り。

未解決は全体バランスを維持しつつのフロント制振性。

着地からの最終コーナーで外側にCOする要因に関して
他の方々の走りを含めて観察し自分なりに考え続けてて
着地後遅れてリアが跳ねる/左フロントが「支え切れてない」
...と判断し対策してたんだけど、これは違ってたみたいで
ループ登りでは相殺されていたフロントの跳ねによって
左フロントが「効かなくなる」のが致命的な部分だったと。

よく考えてみればリアが跳ねたらフロントが下がるわけで
となればスラストがかかる方向なんだから挙動的には逆。

HBさんに言われるまでずーっとこの点に考えが至らず
前後左右に装備したマスダンの自由度を活かせてなかった。

と、答え合わせが出来たのはレースの後という自分あるある。
まぁこうやって引き出しを増やしていくのが大事ってことで。

とりあえず目標の全レースHD3で駆け抜けるは実現できたし
...これは勝ちを狙う姿勢としては褒められたものではないが
他の方々のいい走りを脳裏に焼き付けることができたのは
こう走らせたいというイメージを掴むのにとても有意義で
結果は惨敗でも自分としては手応えのあったレースだった。

今日も素晴らしい運営&レーサーの皆さんに感謝。

次回は練習時間をしっかり取って臨みたい!

ipppei at 14:30|PermalinkComments(0)B-MAX | FM-A

April 22, 2021

Copperfang B-MAX 'Narrow'

DSC_0262

週末に向けてB-MAXマシンのアップデート。

次のレースで目指すのはHD3での完走率アップ。

いろんな方法が考えうる中で今回参考にしたのは
本家から登場予定のB-MAXキットでも見られる
ローラー幅をあえて105mmより狭くした仕様。

ちなみに写真の状態だと前後ローラー幅が違い
その差0.5mm程度なんで無視するが約96mmと
9mmも狭くなったのでケースに収めるのが楽w

一般的にはローラー幅を105mmまで広げた方が
ストレートでもコーナーでも有利と言われているし
今まで幾度も悩まされたローリングCOに関しても
ローラー幅が狭いと不利になる可能性は高いと思う。

でもこの仕様でいい走りしてたのを動画で見たから
ダメなら戻しゃいいじゃんで当日練習走行してみる。

ついでに自身初のホイール貫通。やっぱり重要かと。

ちなみに前回のver.5試走から今回の仕様変更を経て
いろいろシンプルになり車重は電池抜き132gと微減。

ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)FM-A | B-MAX

April 21, 2021

MS-20 Improvisation

20210203

All sounds come from A Korg MS-20. no sequencer, no sound effect.


ipppei at 16:00|PermalinkComments(0)MS-20 | Play

April 18, 2021

Copperfang B-MAX: Force Labo test

co20210419 (1)DSC_0247-01

初の5レーンB-MAXになる第3戦に向けて練習。

まず新しく付けてみたボールリンクマスダンがとにかく外れまくり。
実は使ったことなかったんでこんな注意点があるとは知らなんだ。

ところがこれが外れてても案外そんなに跳ねることもなく走ってたりw
パーツ紛失を気にしてくださったAPさんに後ろノーマスでもいいかもよ
とアドバイスいただき結局アジャスト2つで十分だったんだと怪我の功名。

で、この日の課題はバウンシングからの左コーナーで不規則にCOすること。
息子に撮ってもらったスロー動画チェックすると一見単純なアウトリフト。

じゃあってことで右のフロントローラーの高さや食いつきを変えてみても
ローラー位置やサイズ変えてラインどり調整してみても根本的には解決せず。
COする時のパターンは同じなんだけどクリアできる時はいたってスムースで
フェンスのギャップを拾ってブレてると考えるには不可解な挙動の不安定さ。

そのまま帰る時間になったのでチェックアウト際にHBさんに聞いてみたら
ブレーキってどう効かせてます?からのこのセクションでのCO原因情報。

その後スロー動画をよくよく見てみると、彼が言う通り最後に頭が下がって
反動で跳ねながら左コーナーに突入してローラーじゃ抑えきれなくなってた!
着地からコーナーまでの間があることで、ストレートで浮き上がってしまい
手がかりなくそのままの状態でコーナーに突入し、ローラーが効かずにCO。

考えてみればこの頭下がりは今までに何度も見られた傾向だったんだけど
「頭から入ってる=ねじ込めてる」みたいな感じで基本的には肯定してて
その後跳ねるとしたらマスダン、コーナーでCOするならローラーで対処と
上下方向の姿勢を積極的に制御してみようとはしてなかったかもしれない。

さらに帰宅後フロントステーが緩んでスラストが抜け気味になることも発見。
ここは自分的に緩む想定じゃなかった箇所なんで完全にチェックを怠ってた。

HD3で完走率90%の出来まできたところでこのままレース当日になりそうだけど
諸氏のアドバイスで調整ポイントは明確にできた気がするので毎度ながら感謝。

ipppei at 21:00|PermalinkComments(0)FM-A | B-MAX

April 14, 2021

MS-20 Improvisation

20210128_2

All sounds come from A Korg MS-20. no sequencer, no sound effect.


ipppei at 16:00|PermalinkComments(0)MS-20 | Play

April 10, 2021

Kitami

DSC_0208

beet eatのランチが旨すぎる。

ipppei at 12:30|PermalinkComments(0)Eat/Drink | Life

April 07, 2021

MS-20 Improvisation

20210123

All sounds come from A Korg MS-20. no sequencer, no sound effect.


ipppei at 16:00|PermalinkComments(0)MS-20 | Play

April 05, 2021

Copperfang B-MAX 'Heavy Tail'

DSC_0195DSC_0193

メモしておいたことを一旦形にしといた。

フロントにもマスダンパーを追加、サイドをスクエアショートにして
リアはボールリンクを装着し、ショートストローク化を狙ってみた。

フロントローラーはアルミ13mmをメインに上はSFMのプラ12mm
下にはPOMローラーを12mmに削ったものを付けて多ローラー化。
これはWA13-12mmをなんとなく使ってたのを一旦止めてみるため。

フロントアンダーガードはブレーキの貼りやすさから標準に戻し
フロントステーはシャーシとフルカウルワイドの間にを挟んで
撓んでも逆スラストにまではならないように剛性を調整してみた。

これでフロントは19/13/9mm、リアはすべてのローラーが装着可能
フロントが19mmの場合でも8mmのアンダーローラーは付けられる。

さてこれをベースにどこまでコースに合わせたセッティングが出せるか。

ipppei at 20:00|PermalinkComments(0)FM-A | B-MAX

April 03, 2021

KDM park

DSC_0007_BURST20210403110754658-01 (1)DSC_0144-01 (1)

DSC_0148-01 (1)DSC_0153-01 (1)

DSC_0157-01 (1)DSC_0159-01 (1)

DSC_0166-01 (1)DSC_0174 (1)

3月1日にオープンしたばかりのかすみがうらドッグ&MTBパークへ。

ここは名前の通り犬と一緒にキャンプとMTBが楽しめる場所。

ダートジャンプやパンプトラック、そしてスラロームといった
スキル向上施設はもちろんのこと、全長2.5kmトレイルが魅力。

朝の9時半くらいから遊び始めて、3時くらいには疲れてまったり。
跳ばない僕的には外周のトレイルが気持ち良くって走り過ぎたw

こういう場所が家の近くにあったらいいなぁ。

次回は犬と一緒にキャンプしよっと!

ipppei at 17:00|PermalinkComments(0)Ride