December 18, 2018

Panda Racer 2 MA (ver.0)

DSC_4235DSC_4244

DSC_4240DSC_4239

Dxn ProvisionsのBox Tuned Class仕様マシン試作。

トライゲイル ブラックスペシャル相当の強化シャーシに
エクスフローリー レッドスペシャル付属のパーツを使って
本来S2シャーシ(奇しくもこっちも強化シャーシが同梱)の
パンダレーサー2のボディを載せてフロントに2段プラローラー
リアは上2段プラローラー/下にS2系13mmプラローラーを装着。

細かい部分まで見てもローラーのスペーサーもキット付属のパーツで
リアのスキッドバーやPOMの軸受はMA標準のものを使用してるので
キット同梱販売相当のパーツのみ(ライト部分のステッカーは除く)
最小限のボディ加工とレギュレーション準拠マシン...になってるはず。

っていうかS2のままの方でいいんじゃないかって思われるかもしれないが
そもそもこのキットは息子にパーツ取りされて寂しく放置確定になってたし
在庫パーツの集合体という意味でかなりローコストに仕上げられそうだし
チューンモータークラスのMAマシンは初なんで素から勉強しておきたいし
まぁいろんな方向で新設クラスが目指すところにわりと沿ってるんじゃ...
...と勝手に考えて見た目と裏腹にわりと頭使いながら組んでいる最中。

あえて片方だけブルーにしてアクセントになってるフロントローラとか
ノーズからヘッドライトを通り過ぎてフェンダーに流れる青白ラインとか
見開き気味の複眼ヘッドライトとかやや垂れ下がり気味に見えるノーズとか
おそらく元ネタの一つになってると思われるA社マシンの要素を参考にしつつ
キュートかつファニーな動物っぽさを目指してボディデコレーションしてるけど
まだイマイチ求めてるパンダ合わせバランスに達してなくって難しくって面白い。


ipppei at 17:39|PermalinkComments(0)Mini4WD | MA

memo

Dxn Provisionsで新設されたBox Tuned Classが面白いのでメモ。

Box Tuned Class:

• Any parts from any Tamiya Mini 4WD kit as well as parts that come in a box kit that may be sold separately. (Excludes unique parts from Dangun Racer, Wild Mini, or Scale 4WD series kits.)
• Any Tuned or white end bell stock motor (no Zen tuned).
• 6 rollers max. Basic kit hardware only. Double plastic rollers and hardware available from kits such as Fire Dragon are acceptable. (can also be bought separately as part # 15457)
• Cars must have no dampening feature.
• No major cuts or trimming of any kind. Minor clearance cuts of body or chassis are ok.
• Pierced wheels and hollow propeller and wheel shafts are ok.
• All lexan/polycarbonate bodies are acceptable.
• No carbon, FRP or weights of any kind.
• Batteries: 1.5v Alkaline only.
• All other parts that came from a basic box stock kit are acceptable. Please have the original kit information if it’s a rare part.
• Front Under-Guard (95287) and Brake set for AR (15458) including all color variations are allowed.

基本的に素組レースに近いので、内容が充実してる特別企画モデルたちを丁寧に組めば
ポテンシャルが高いマシンが完成するので子供たちや初心者でも十分に楽しめるはず。

中上級者にとっては、あえてセイントドラゴン プレミアム2段プラローラーO.K.
つまり「キット同梱販売実績アリのパーツなら使用が可能」への言及があるように
実はサンプル&エディット的な「ネタ掘り/ネタ使いの面白さ」も含んでると思う。

つまりパーツ狙いでいくつかのキットを買ってこだわりのマシンに仕上げるもよし
使い道のなかった余りの標準パーツをかき集めてローコストマシンを組んでもよし
そんなお金や知識のあるレーサーでも性能向上用の高価なパーツは使えないので
いつも通りチューンモーターを慣らしちゃったりすると逆に速くなりすぎちゃって
そこそこの組み立て精度でも戦闘力のある素組のキットにCO負けする可能性アリ。
特にリアローラーに関しては取り付けまで含めて考えると選択肢が狭いのが絶妙。

ちなみに異なるシャーシのボディを載せる程度の改造や他キットのウイングや人形は
通常のキャッチでシャーシに組める範囲であれば追加が許されているので(確認済み)
各自各様のこだわりマシンで広くも深くもレースのスリルを味わえるクラスなはず。

ということで次のマシンはこのクラスに収まる工夫を楽しんでみようかなと思う。

ipppei at 03:52|PermalinkComments(0)Mini4WD 

December 14, 2018

MS-20 Improvisation

181213

a chill out loop.

all sounds come from A Korg MS-20. no sequencer, no sound effect.



ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)MS-20 | Play

December 08, 2018

Dxn X Dojo Winter 5 Lane Race

IMG_20181208_000055_38844950307_1921806371219944_5581001085629235200_n

IMG_20181208_200854_280IMG_20181208_201128_909

IMG_20181208_133950_942DSC_4170

IMG_20181208_064320_676IMG_20181208_212957_578

Dxn X Dojo Winter 5 Lane Race参戦。

カリフォルニア州内各地はおろかアリゾナからの参加者もあり
今自分が参加できるレースの中では間違いなく最上位の環境。

約半年ぶりにお邪魔したが、店内もアップデートされてて
久しぶりに会うレーサーの皆さんに挨拶しながら気持ちも高揚。
いつものようにトラブったS2を一から組み直す息子を放置しても
オーナーのScotはじめ皆んなが本当に丁寧にサポートしてくれるので
それに甘えて一日中NorCalSusマシンのデビューレースに完全集中した。

今回はJCクラシックサーキット タイプ2 2018を完全に再現した
本格的にもほどがあるコースでガチのレースなことは間違いなし。

なのにいかにサスマシンの性能テストを兼ねているとはいえ
一切マスダン無しという完全にロマン優先な挑戦をしてみた。
MSフレキですらそこまで割り切ったことはないのでやや無謀。

前日夜中まで店を開けてくれていたScotたちのご厚意に甘えて
宿に荷物を置いてすぐにマシンを絞り込むために何回か試走。
ここでバウンシングストレート後のコーナーで2度COした
type CのCalimeroを除外しAのWBFとBのWoodstockを選択。

Woodstockはバウンシングストレートは全く問題なしでとても滑らか。
クライムチェンジャーとアイガースロープ Evo.での減速もあまりなく
全体として思った以上にいい感じだったが、モーター慣らしが不十分で
試走を繰り返すうちに速度が上がっていってしまうという問題が発生。
最終的にはアイガーステップがブレーキで対応できなくなってしまった。

HABとツルやわはねじ込みにしっかり機能していたのでそのままにしておいて
最終的には4輪ともローフリクションタイヤに変えることで完走までいったが
4-5レーンからのスタートでは完走率が下がってしまう状態への対応ができず
2度の本番は残念ながらアイガーステップ後にCOして予選落ちしてしまった。

目視できる範囲では、フロントサスだけ対応できる着地角度というのがあって
それを超えると速くても遅くても不安定になってしまうことに対処できなかった。

WBFはクライムチェンジャーでの減速が想定以上だったのでリアサスを硬めにし
速度を上げる調整をしたもののそのトルク感がアイガースロープの着地と両立せず
かといってWoodstockほど直線での伸びも出ないという中途半端な状態になった。
バウンシングストレートやその後のコーナーなど他の部分はそう悪くなかったので
結局モーターをLDに変えて平均速度を保つ感じの残存率を上げる作戦で挑戦。

が、こちらも同じくアイガーステップの着地でCOしてしまい予選落ち。
type Aはメンテナンス性が良くないのでモーター交換に手間取ってしまい
Carimeloで試しに載せてたLDのピニオン調整すらできぬままドタバタし
挙句スタートを遅らせてしまうという迷惑すらかけたのに情けない走り...。

MAはセンターのカバーを外すだけで駆動系の調整ができるメリットがあるのに
サスのフロントユニットを外さないとセンターカバーが外せないのはやや面倒。
なのでユニット横のゴムリングが扱いにくいtype Aの煩雑さは実戦では問題だな。

と、2羽のNorCalSusマシンによる合計4回の挑戦は成果には結びつかなかった。

ちなみにレースが終わってからSakura Cup最終戦そのままの状態の
リジットMA+ATバンパー+G-systemのExflowly RSを試したら
速度はちゃんと出るしとにかく安定してるしで風格すら感じる走り。
オープンクラスのMAマシンだったらこのくらいパワフルじゃないとな。

今回はNorCalSusへのこだわりで無冠のエースになってしまったが
今手持ちのマシンの中ではやっぱりこのExflowlyが最強なこと確認。
今後はExflowlyの汎用性をサス鳥たちに組み込んでく必要アリだな。

それはそれとして皆さんのマシンと走りをゆっくり見せてもらえたし
遠路はるばるレースに駆けつけるガッツも分けてもらえた気がするので
独自性と成績の両立を目指し引き続き挑戦しようと思った2018年最終戦。

もう少しMAサスマシンで頑張ってみようと2台分のキットも買って家路へ。

ipppei at 22:30|PermalinkComments(0)NorCalSus | Trip

December 07, 2018

MS-20 Improvisation

181206

another wobble loop.

all sounds come from A Korg MS-20. no sequencer, no sound effect.



ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)MS-20 | Play

December 05, 2018

memo

002001

003004

スイングは硬めなのに上下は柔らかめ」についてメモ。

これが出来ないから何か大きな問題があるかと言われるとそうでもないが
フロント側で出来る調整要素を一応リアにも持たせておきたいってことで
マシン全体の完成度が問われる実戦対応の前にわりと純粋な課題として検討。

(イラストの矢印は手でグニグニ動かした時のイメージなんで不正確です。)

type A/B/Cはそれぞれリアユニットの上下左右方向可動域が若干違うが
共通してるのは上下に対して左右スイングの方がユルくなる傾向ってこと。

これはなんらか左右に配置されたスプリングやゴムリングへの負荷が
片方だけか両方だけかって考えれば当然両方動かす方が力がいるので
type Aのようにユニットの4隅を抑えても、Bのように中央部を2点でも
大きな差はなく、Cのゴムリング3点抑えも現状は同じ傾向になっている。

type Cは後ろ側ゴムリング一つでそもそも柔らかめにしてあるはずだけど
ここのテンションはリアユニットそのものの抑えを兼ねてることもあって
そもそも可動域は小さく、支点からも遠いので実際は意外と硬めになってる。

一方、上下に関しはその角度こそ微妙に違うもののその差自体は少ない。
これはリアユニットの進行方向側は自由に動くだけの隙間がないから
なるべく進行方向側(前側)を抑えておけば可動軸は意外とブレない。

ということで目標となる動きを想定して現3タイプの構成から考えると
Cの抑えポイントである二等辺三角形を前後に短く左右に広くすることで
左右の抑えはタイヤへの衝撃が両側か左右片方からかへの反応を担当させて
中央の抑えはタイヤやシャーシへの衝撃が大きいか小さいかに反応をするように
つまり二等辺三角形が左右対象方向に対してモーター軸に近い支点で動く場合と
底辺になるカウンターギア軸近辺を支点にする場合をバランスさせてみれないか
...ってやってみないと効果わからないから結局試作してみるしかないtype D案浮上。

ちなみにすでに難しそうなのがリアユニット中央部は思いっきりギアカバーなことw




ipppei at 17:56|PermalinkComments(0)MA | NorCalSus

December 04, 2018

Nine Inch Nails@Bill Graham Civic Auditorium

DSC_4113DSC_4112

DSC_4115DSC_4122

カミさんと2人でFuji Rock Festival以来のNine Inch Nailsライブへ。

楽器以外何も無いステージをほとんど照明だけで変化させる演出と
Ilan Rubinの精密かつドライブ感溢れるドラミングが素晴らしかった。

ちなみに今日も雨。

ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)Listen | Read/Watch

December 02, 2018

NorCalSus type A/B/C

DSC_4084DSC_4087

NorCalSusマシン3台の実戦用基本設定が出来上がった。

おそらく年内唯一の実戦テストはクラシックサーキット タイプ2になる予定なので
自宅では試しようがない5レーン、2連ルーズロード、3連バウンジングストレート
アイガースロープEvo.にアイガーステップ、そして超ロングストレートなどなど
テスト走行で致命的なクラッシュをせず、予選を完走してくれれば御の字なコース。

そこで現場でパニック的に対応する自分を想像しつつ耐久性や交換部品の汎用性も考慮し
自宅ではあえてコースアウトさせてそこら辺を駆けずりぶつかり回るテストもやってみたw

Winning Bird Formula
前後スプリング+ゴムリング併用のtype Aで前後とも柔らかめ。
HDP+3.5:1ギアに中径ハードオフセットタイヤでトレッドは狭め。
前は直Fに19mmローラー+15mmスタビ、アンダーガードは直F+矢印。
後はXフロントFRPの上下に19mmローラー、ブレーキステーは幅広。
堅実なステー構成と強化シャーシの使用で基本的な耐久性は一番高いはず。
柔らかめのサス設定と電池無し107gの車重で軽やかなで素直な走りで
迫力のないMAって感じのマシンがその癖を活かせるかどうかが見もの。

Woodstock
前スプリング+ゴムリング、後スプリングのみのtype Bで後は硬め。
HDP+3.5:1ギアに中径ローハイトノーマルタイヤでトレッドは標準。
前はHalf Anchor Bumperに19mmローラー、アンダーガードは矢印
+直F幅の「ツルやわ」でたわみはないが折り返し付きのAstute S1版改。
後もHalf Anchor Bumperに19mmローラー、ブレーキステーは狭め。
前後の駆動効率が良く力強い走りに対してHABの破損対応が不安要素。
電池無し重量110gと3台中では一番重いとはいえねじ込み力は高いので
フレキに近いマシンがギミックを活かして持ちこたえてくれること期待。

Calimero
前後ゴムリングのみのtype Cで前硬め/後type Aよりさらに柔らかめ。
HDP+3.5:1ギアに中径ローハイトノーマルタイヤでトレッドは標準。
前はXフロントに19mmローラー、たわみアリでXフロント幅のツルやわ。
後も19mmローラーで弓Fで左右補強、ブレーキステーはtype Aと同じ幅広。
車重が電池無し100gとWBFよりさらに軽く、後サスも一番柔らかい設定だが
type Aほど後ろのトルク抜けが起きずに比較的フラットな姿勢の走りをするし
跳ねにくいMAシャーシ的なおとなしめな特性なのでコース対応はしやすいかも。
ボディ形状からコースアウトした時に一番安心して追っかけられるマシンでもある。

NorCalSusそのもののを比較するには各マシンの個別要素が増えすぎてしまったが
マスダン付きよりは軽めであるがゆえに走行安定性に劣るかもというのは共通課題で
「NorCalSusマシンはHDP/マスダン無しでどこまで行けるのか?」が今回のチャレンジ。

ちなみにマスダンを否定してるわけじゃなく、マスダンを付ける前のベースとして
安心できる基本構成を独自に方法を持っておきたいというのがサス化する目的だし
3台共ブレーキやスラスト角、そしてタイヤの選定など現場で対応してる最中に
駆動系調整の手間やシャーシ破損の心配をなるべく減らしておきたいというのが
MSよりさらに扱いが楽でシャーシ自体が頑丈なMAをベースにしてる一番の理由...
...Astute STZ/S1は旧シャーシならではの繊細さとクラッシュの恐怖でLD止まり...
ということでオリジナルサスマシン開発として当面の評価基準は「無事これ名馬」(^-^;

ipppei at 21:00|PermalinkComments(0)NorCalSus | MA

a day

IMG_20181202_120838_166 (1)DSC_4063 (1)

IMG_20181202_161449_404 (1)IMG_20181202_162752_069 (1)

Pacificaの通称dog beachに行って犬駆け回らせて
いつものFish & Chipsランチ食べてツリー買って
家に帰ってよく見たらモミの木に鳥の巣があった。


ipppei at 14:30|PermalinkComments(0)Life | Eat/Drink

December 01, 2018

Half Anchor Bumper: tuning

IMG_20181201_201648_188 (1)

Half Anchor Bumperのフロントに逆スラスト対策を施してみた。

内側のOリング抑えの上にN-04/T-04のパーツでリングを被せ
それをポリカボディに付属する台形断面のパーツとOリングで抑え
ロックナットを止めてピボットアームの内側にテンションをかけた。

これでピボットアームの上と斜め前への動きは今まで通り確保しつつ
後ろ向きの可動範囲を0スラスト程度までに限定することができた。

見た目さらにメカメカしくなってしまった部分は今後変えていきたいが
機能的にはあきらかに改善されたので、実戦はこれで様子見ることにする。


ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)HAB | NorCalSus

November 30, 2018

MS-20 Improvisation

181130

wobble loop with ESP self-trigging.

all sounds come from A Korg MS-20. no sequencer, no sound effect.



ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)MS-20 | Play

November 29, 2018

Calimero MAsus

DSC_4021DSC_4022

_20181129_150420_20181129_150448

DSC_4016DSC_4020

NorCalSus type Cにライキリのボディを乗せてCalimero完成。

サスで動くタイヤの干渉を避けるべくいわゆるシャコタン。
構造上フロントがこれ以上下げられず尻下がりになったので
真横から見ると前後が逆に見えなくもないシルエットでもある。

しっかりしたリアフェンダーの盛り上がりがなくなった分
リアピラーの根元を受けるボリュームが不足してしまったし
三角形のディテールがそれぞれに主張を始めたようになった。
なので命名由来の弧を描くキャビンを前寄りに前後に切ったり
フロントノーズをライトの目頭で分割して緩めの弧に見せたり
ショルダーの面が縦に落ちる部分を角から下に少しだけ残して
斜め前からはフロントライト、斜め後ろからはノーズ分割線と
若干のつながりを感じられるように角度や弧を調整することで
フロントホイール切り欠きの唐突さを若干緩和してみたりと
抜きのラインで視覚的なバランス取り狙ったけどどうかな...。

ともあれエッチングバサミマスキングテープとピンセットで
ボディ造形の再解釈をしていく作業工程はなぜか無性にハマる。
ポリカは面の張り方とか角Rとか彫り込みとか調整できないし
塗装前の透明なボディはどうしても形自体が見えにくいので
立体切り絵みたいな感じになるのが面白いのかもしれない。

ちなみに重量は電池無しで94gとGTボディのわりには軽めかな。
とはいうもののまだPOMのままで各種ベアリング仕込んで無いし
MDPにしたらリアブレーキステーいると思うのであくまで参考値で。

これで鳥名NorCalSusマシンが3台になったのであとは実戦テスト!

ipppei at 17:00|PermalinkComments(0)NorCalSus | MA

November 28, 2018

NorCalSus type C: day3

DSC_4002DSC_3999

Calimero_01nCalimero_01s

Calimero_01fCalimero_01r

リアの微調整とフロントアンダーガードの改良で
3周ともほぼフラットで安定した着地に至った。

たわみを持たせたツルやわアンダーガードは
クッション性があって意外と良い働きをする。
リア側にも展開できないか検討してみよっと。

もう少しこの仕様で走らせて様子を見て
さらに安定したらHDPに乗せ替えるつもり。

ここまで3タイプのNorCalSusを組んでみて
キモになるのはリアサス側な気がしてきた。

ついつい着地時の跳ねに着目してしまうが
スロープの入り口やコーナーでの挙動は
リア側に左右されているように見える。

リアについてはAよりも明確なユニット後支点
つまりあえて理想の支点位置を取らない場合...
という考え方もあるが、type Cの経験からすると
例えトルク抜け狙いでも駆動調整が結構難しそう。

もしくはこのtype Cのフロントと同じような可動域
つまり左右スイング方向の動きをtype A以上に制限
もしくはスイングは硬めなのに上下は柔らかめという
今まで組んできたやり方とは逆な減収特性に挑戦...
...これは今のところ構造自体思い浮かんで無いけど。

と、以降の課題も見えてきたのでそろそろボディ制作。

今回はGT系に挑戦すべくライキリを選択。
しかもサスの動きを考えて初のシャコタン。
ライキリはカッコイイ改造例が多々あるので
それらを参考にしつつ簡単なスケッチ起こし。

このボディはあえてひねらなくてもいい完成度なんだけど
原作者と対話するような立体解釈の時間が結構好きなので
せっかくのznug designを切り刻んでボリューム崩れたし
行ったり来たりしながらいつもより長めに楽しむつもり。

ipppei at 15:47|PermalinkComments(0)NorCalSus | MA

November 26, 2018

NorCalSus type C: day2

DSC_3989DSC_3987

シンプルなステーとオール19mmローラーと
ツルやわアンダーステーを装着しLDPで試走。

この時点でボディ/電池無し重量は91gとシンプルな分軽め。

傾向としてはtype A寄りでジャンプ姿勢が頭下がり気味。
着地後の衝撃吸収力は3タイプの中では一番劣るものの
構造上フロントの左右ブレが少なく安定感があるので
しばらくは硬いままでチューンしてみようと思ってる。

リア側で微妙なトルク抜けが起きるのはtype Aと同じで
リアのタイヤがノーマルでもジャンプが低いのは悪くない。
でも最悪の場合前のめりすぎて前転することすらあったので
フロントアンダーガードFRPの高さを調整して見るつもり。
ツルやわがそれなりに効いているので両立方法は要検討。

ちなみにリアのゴムリングは左側だけ一捻りして強めると
サスユニットの持ち上がりが左右均一に近づくこと発見。

ipppei at 22:49|PermalinkComments(0)NorCalSus | MA

November 25, 2018

NorCalSus type C: day1

DSC_3956DSC_3969

DSC_3971DSC_3967

type B制作中に思いついたtype Cをほぼ丸一日で試作。

前後ユニットにN-03/T-03を使うのはtype Bと同じだけど
type Cはスプリングを使わずゴムリングだけで衝撃吸収させる。

リアユニットの位置合わせはボディキャッチのある後壁にしようとしたが
type Bとは逆(内壁)の方法はギアの噛み合わせが落ち着かず悪戦苦闘。

最終的には後端のゴムリングを弱めにしてリアを緩めに設定することで解決。

フロントはtype Bのスプリングを抜いたような構成で、今の状態は少し固め。

跳ね具合はtype AとノーマルMAの間くらいで、つまりそれなりに跳ねるは跳ねる。
重量は写真の状態で電池無し70g弱と部品点数が減ってる割にはそんなに軽くない。
そして期待してたのはいい感じのトルク抜けだけどから回しする限り抜けてない(^-^;

...まぁこれを形にしたのはゴムリングならではの特性を確かめたかったからでもあるので
type A相当のシンプルなオール19mmローラ仕様で試走させながら様子見してつめる予定。


ipppei at 22:30|PermalinkComments(0)NorCalSus | MA