February 26, 2020

memo

昨日TGさんから教えていただいた内容のおさらい。

端的に言えば、4ローラーでバランスを確認すること。

ローラーの大きさや取り付け高低、前後の幅とその差
これだけ挙げてもかなりのバリエーションが存在する。

まず4ローラーでマシンが安定する「点」を探ること。

いわゆる「たからばこ」になってないだけに不安定で
走らせれば走らせるほどシビアな調整が必要になるが
ローラーで対応している範囲がとても限られている分
ローラー以外の要素から生じる問題も見えやすくなる。

で、見つかった安定点を軸に必要に応じた展開をする。

例えば安定を目指して上下広く配置されたローラーは
フェンスに接する時間差も生まれやすいって考えると
支えるつもりが逆に基本点を大きく外すリスクになる。

6ローラーでCOするのに4ローラーはクリアできる場面
正直ローラーそのものの違いしか着目してなかった...。

楽観的に言えば基本の安定点はマシン毎ある程度一定。
それを前もって組んでおいて状況に応じた対策に集中。

状況対策として5つ目以降の「付加的」ローラーを使う
...と考えると今まで理解しにくかった仕様も腹落ちする。

最後に、4ローラーは抵抗が少ないからスピードアップ
っていうのは必ずしも当てはまらないことも確認できた。
過負荷でブレーキになってそうなローラーが見つかれば
展開する際に追加補強してあげるという手もあるのか...。

基本というのは奥が深い。でも実は試しやすいわけだ!

ipppei at 12:30|PermalinkComments(0)Mini4WD 

February 25, 2020

Mach Frame SNC ver.9

DSC_0692DSC_0697

DSC_0694DSC_0695

最小限の装備に4ローラーで走らせバランスを探る。

基本バランスを崩す問題の箇所だけに対応していく。

こんな引き算的発想を教えていただきver.9になった。

ipppei at 20:00|PermalinkComments(0)FM-A | Mini4WD

February 21, 2020

TPF Shimbashi Night Challenge: Rev-limit

_20200221_211733 (1)

ver.8でレブリミット戦にエントリー。

結論から言うとリーグ最下位で予選落ち。
5人中4人抜ける状況だったので完全敗退。

見学に来てた息子の案でバランスウエイト装着し
練習ではきれいに決まった着地が本番ではこける。

リードしても自爆のパターンを繰り返しながら
電圧落とした無難な単独走行でCOして万事休す。

決勝前/中のフリー走行でもいい感じなんだけど
走りの軽やかさと重量の軽さは違うのかもな...。

でもやりたかった走りは本番でも実現できたし
皆さんからインスピレーションもいただけたんで
やっぱりレースは有意義で楽しくてやめられない。

直近のスプリング中止がアナウンスされる中
ワンオペで運営してくれたスタッフさんに感謝。

今回もいい夜になりました。

ipppei at 23:31|PermalinkComments(0)Night Challenge | FM-A

February 20, 2020

Mach Frame SNC special ver.8

DSC_0660 (1)DSC_0667 (1)

DSC_0668 (1)DSC_0672 (1)

DSC_0670 (1)DSC_0669 (1)

ナイト/オープンクラス兼用として若干重装備気味の暴牛に対して
ナイト専用マシンとして閑話休題的にマッハフレーム改装に着手。

簡素な装備で軽快な走りを目標に組んでみて、即TPF新橋で試走。
一番上の写真がアトミ2レブ2で試走し調整した前と後の比較。

宙吊りマスダンの振動対策でマルチテープだらけになったけど
これを使いこなすのも無加工マシンの大事な要素だと思ってる。

レブ2だと前スーパーハード/後ハードの組み合わせが気持ちいい。
この組み合わせはFM-Aとしてはイレギュラーっぽいけど実際アリ。

ざっと数えてみるとこれでたぶん8回目の改装。試行錯誤の更新履歴。

ipppei at 21:00|PermalinkComments(0)FM-A | Night Challenge

February 18, 2020

Rowdy Bull SNC-SJ ver.1

IMG_20200218_000055_603 (1)DSC_0613

IMG_20200218_000055_602DSC_0653

フェイスマスクを変更し、新橋TPFで試走。

HD3でブレーキやフロントローラーの調整。
先日のFM限定戦で起きた不規則ジャンプ問題
その発生源らしき挙動が発見できたのは収穫。

観察する限り、件のジャンプセクションより前
テーブルトップ的なセクションの下りでブレると
ほぼもれなくジャンプ時の挙動が不安定になる。

この問題発生源らしき下りとジャンプの間には
ストレートとコーナーがありかなり距離があるが
シンプルなセクションを微振動したまま通過して
ジャンプする際にその影響が出てくるように見える。

先日Nさんが言ってた仮説を裏付けてる気がしたので
応急対策して次回のレースエントリー済ませて家路へ。

ipppei at 20:00|PermalinkComments(0)FM-A | Night Challenge

February 16, 2020

Rowdy Bull SNC-SJ prototype

DSC_0561 (1)DSC_0607 (1)

DSC_0560 (1)DSC_0600 (1)

DSC_0564 (1)DSC_0605 (1)

DSC_0566 (1)DSC_0604 (1)

Force Laboや新橋ナイトで課題になったジャンプの安定化を中心に
オープンクラス兼用の蛍光イエローシャーシマッハフレームを改修。

基本案はジャンプ前のコーナーを綺麗に抜けてくれそうな構成。
言い換えれば素直な走りをしてくれそうな仕様にしてみること。

具体的には前後共通トレッドと前後スラダンという仕様回復と
リア側ブレーキ/スラダン取付け変更、フロント提灯の調整など。
ローラーが食いつくとかヨレてもねじ込むとか以前の素直さ重視。

と、机上論ではCOする場面が脳裏をよぎることに変わりないので
普段は改修後はまず練習走行を経てさらなる修正をするんだけど
家族がダイニング脇に作業スペースを確保してくれたこともあり
勢いでホットロッド風クリアーボディのラウディーブルに衣替え。

マッハフレームのネイキッドバイク的な「部品の集まり感」とか
フロントモーター付近の力こぶから平たく低いリアへの流れとか
FM-Aシャーシそのものの個性は実車系エッセンスによって変わり
前端ギリギリのフロントフェイス(マスク?)とキャビンの関係で
ロープロファイルかつロングホイールベースな感じが増したような
それにしてもFM-A専用ボディはサイドビューが無理なく沿うなぁ...
...っていうのはともかく、ボディキャッチ固定はそのままなので
新橋ナイトのFM限定戦にも出場可能なのが自分的には高ポイント。

電池なし重量131gとマッハフレーム装着仕様から約5g減になった。
もしかしてマスダン減らせればレブ戦でもそこそこ行けるかも...?

話を見た目に戻すとNASCAR的ステッカー顔のバランスは要検討。
ラウディーブルですからーって念押し感が悪さしてる気がするので
次にコースに出る時までに他のステッカー含めて試行錯誤のつもり。

ipppei at 22:00|PermalinkComments(0)FM-A | JC2020

February 13, 2020

High Speed Colors

DSC_0650DSC_0653

DSC_0643DSC_0652

スクリーンショット 2020-02-13 19.23.10スクリーンショット 2020-02-13 19.22.38

スクリーンショット 2020-02-13 19.21.18DSC_0657

弊社関連ネタだけどHigh Speed Colors観に行ってきた。

一般公開が午後1時からとは知らず昼前には到着してしまい
ダントツ一番乗りになってしまったので身分を明かしての体験。

高速ビジョンセンサー x ミニ四駆 x PERIMETRONの相乗効果。

個人的にミニ四駆レース観戦って可能性あるなって思ってたんで
こういう映像演出は大事な要素として待ってました感ありますです。

ipppei at 13:00|PermalinkComments(0)Art | Mini4WD

February 12, 2020

TPF Shimbashi Night Challenge: FM Limited

DSC_0605 (1)DSC_0606 (1)

5ヶ月ぶりの新橋ナイトチャレンジFM限定戦へ。

昨日Force Laboで走らせたMach Frameの改善活動として
フロント提灯の支点/作用点変更とリフターの再装着など
思いつくままに施した改修が新橋のコースで活きるのか
机上の改善策とは関係なく魔物に捕まって終わるのか
とにかくレースに出てみたいと分からないので参戦。

練習走行では写真右側のジャンプ/着地が決まらず
このセクションのクリア率70%くらいで予選開始。

毎度のことながら予選を走りながら調整を繰り返す。

飛びの姿勢が乱れて裏返る現象が修正しようとして
ブレーキや前後ローラー、そして提灯の変更をするも
決め手に欠くままレースが進み、リードしても完走できず
思った以上に0ポイント更新が続き予選敗退か...と思ったが
皆さんそれぞれ苦戦した部分アリでギリギリで予選は通過。

決勝でK父さんとの対戦になったので、速度上げてくことに。
満充電バッテリーと弱いブレーキでコーナーに飛び込む算段。

じゃんけんで赤レーンスタート。ちなみに本日赤レーンは鬼門。
自分なりにはスピード乗せて行ったが1周目で飛び出しCOで敗退。

ちょっと無茶したなぁとは思うが、清々しいってのが正直なところ。

まぁ5ヶ月ぶりの戦いとしては悪くなかったんじゃないかなぁ。
というかそんなことどうでもいいくらい楽しいのがこのレース。

あらためてレーサー、そして運営の皆さまには感謝です。




ipppei at 22:00|PermalinkComments(0)FM-A | Night Challenge

February 11, 2020

Mach Frame NP/SJ ver.1

DSC_0583 (1)DSC_0586 (1)

20200210_230322 (1)IMG_20200212_000011_176

ミニ四駆活動再開第一弾としてForce Laboへ。

昨年10月末の新橋ステチャレで使ったMach Frameを整備改修。
リアにものすごく簡易なアンカーを装着してSTEP JCT模擬へ。

GLORY BRIDGEで前転 or 飛び出しが文字通り最初の難関。
次はスプリングホップ最初のコーナーでCOする率が高かった。

とりあえず耐久性に劣るSX由来の提灯部品がCOで破損。
実は予想通りだったので、即X用リアFRPに変更し継続。

スプリングホップは今の速度域だとWA逆付けで対応。
GBはリアをマルーンにしたり前後重量バランス変えたり
前後のブレーキ調整を繰り返すも結局クリアできず終了。

頭落ち前転に気を取られていたが、飛びの姿勢はほぼ水平。
なので改善の順番としては、激しく着地した後の制振性と
コーナーにかかってから飛び込んだ際に踏ん張るローラー
という気が付いてみればものすごく基本的な部分への対策。

しばらく無加工で研究を続けて基本を学ぼうと決めて家路へ。

ipppei at 18:30|PermalinkComments(0)FM-A | JC2020

February 02, 2020

prototype

IMG_20200202_232447_881

3ヶ月ぶりにミニ四駆関連活動を再開。

息子にCAD&3Dプリントしてもらって
原理検証用のモーターマウントを試作。

一連の作業を全て行うセットとするか
あくまでプリミティブな治具にするか
コンセプトを練るためにも試作は大事。

ipppei at 23:00|PermalinkComments(0)Mini4WD 

February 01, 2020

Seijyo

IMG_20200201_134753_455

まだまだダンボール。
久々に自転車で散歩。

ipppei at 16:00|PermalinkComments(0)Life 

January 30, 2020

moving day 3

借りソリオで2往復し、神宮前撤収。

ipppei at 19:00|PermalinkComments(0)Life 

January 29, 2020

moving day 2

IMG_20200129_161710_313

ダンボールが続々と運び込まれる日。
細切れに歩きで転々としながら働く。

ipppei at 18:00|PermalinkComments(0)Life 

January 28, 2020

moving day 1

IMG_20200128_120723_663

僕が新宿で打ち合わせしてる頃
新居に家具の搬入が始まった。



ipppei at 10:00|PermalinkComments(0)Life 

January 26, 2020

JB64

DSC_0469_18a531866

DSC_0469_2DSC_0469_3

スズキ自販 三軒茶屋店で最新型ジムニーを試乗してみた。

実はSJ30以降ちゃんと乗ったことなかったので
いろんな意味で覚悟してハンドルを握ってみると
約35年の時間差を存分に感じるアップデート感。

もちろんクロカン車としてのネガポジも引き継がれてて
この車の設定自体が小型車代替の軽じゃないってことが
短時間の市街地試乗でもリアルに体感できてしまった。

試乗車は黒。たまたま整備場にあったベージュも見れたので
ついでにミディアムグレーとグリーンも見たいと言ったら
成城店に連絡、しかも送り迎えまでしていただいて
見てみたかったボディカラー全色、自然光下で確認できた。

約1年待ちと聞いて、グレードとミッションと色決めて即予約。

ipppei at 16:00|PermalinkComments(0)Products/Design